ブログ


遺品整理10の手順『10倍スムーズ!』

遺族で行う遺品整理

 

先祖代々続いた広い家の整理。

 

特に田舎の旧家は母屋があり

離れもあれば大きな蔵もあったりと

物量も半端ない家屋が多いです。

 

出来る限り費用をかけずに

自分たちで片づけることは

素晴らしいことだと思います。

 

そこで今回、遺品整理のプロが

遺族で行う遺品整理のコツをお教えします。

 

 

手あたり次第片づけるよりも

10倍スムーズにいくと思います。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

遺品整理の手順:1

 

家や土地の権利書やマンションなどの賃貸は契約書、

印鑑(実印・銀行印)、保険証書などの重要書類を詮索する。

 

併せて銀金なども詮索。

 

 

 

遺品整理の手順:2

 

エンディングノートがある場合、

故人の意向に沿って執り行う。

 

遺品の取り扱い方、残し方

(預金・クレージットカード・有価証券・貴金属など)

 

 

 

遺品整理の手順:3

 

大切にとっておきたい思い出の品を残す。

 

※たくさん残し過ぎないのもコツ

 

 

 

遺品整理の手順:4

 

必要な物と不用な物を選別する。

 

 

 

遺品整理の手順:5

 

重要

遺品の選別に浸り過ぎないこと。

 

片づけで一番大切なことは「割り切り」

 

 

 

遺品整理の手順:6

 

残しておきたい思い出のある衣類は2~3点までに。

 

 

 

遺品整理の手順:7

 

どうしても割り切って

処分することのできない思い出の品は

写真で残しておく。

 

 

 

遺品整理の手順:8

 

写真やアルバム、手紙、日記などは一ヶ所にまとめて

片づけが終わってからゆっくり見る。

 

 

 

遺品整理の手順:9

 

故人の私的な品は、

「自分の子どもにも見せたいかどうか」

で判断すると処分がスムーズにいく。

 

 

 

遺品整理の手順:10

 

自分ひとりですべて片づけようとしないこと。

 

頑張りすぎると後が続かない。

 

 

ーーーーーーー

 

 

私自身も父親の遺品整理をしましたが、

私が残した形見はガレのランプと

父の趣味であった大好きなステレオ一式。

 

それと遺影が1枚。

 

ほんとうにそれだけです。

 

物は「減らす意識」がなければ、

どんどん増えていく傾向にあると思います。

 

 

もし親の遺品整理で大変な思いをしたのであれば

自分の子どもや孫たちに同じ思いをさせないためも

出来る限り不要品を今のうちに処分しておきたいものです。

 

 

少しずつ初めて見てはいかがでしょうか。

 

 

寺本

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.