ブログ


親の遺品を整理する際に「すべきこと」

大量の遺品「何から手を付けていいかわからない…」

 

そんなご遺族様は多いかと思います。

 

 

大型家具や家電製品、

そして大量の衣類や贈答品…

 

 

何から手を付けていけばいいのか

片づけの手順をお伝えいたします。

 

カンタンに説明していますので

軽い気持ちで読んでみてください。

 

 

 

第一ステップは形見分け

 

片づける前に、すべきことは

「形見分け」です。

 

 

故人が大切にしていた物を

親族で分け合い、思い出話に浸るのも

一つの供養でもあります。

 

あくまでも目安ですが、

形見分けをされる際は

一定のルールがありますので

よかったら参考にしてください。

 

 

1:形見分けの期日

 

●仏式・・・・・四十九日を過ぎてから

 

●神式・・・・・五十日際を過ぎてから

 

●キリスト教式・三十日目の昇天記念日

 

上記の期日が一般的といわれています。

 

 

 

2:形見分けの贈り方

 

●目上の人には贈らない。

 

形見を誰かに贈る際は、

目上の人から目下の人に贈るのが

ルールといわれています。

 

 

 

3:形見を包装しない

 

形見を贈る際に気をつけておきたいルールが

包装せずにそのままの状態で形見分けをする、です。

 

どうしても包まなければならないのであれば

半紙などの白い紙で簡単に包む程度にします。

 

 

 

4:高額商品の形見分け

 

時価110万円以上の高額商品は、

贈与税がかかります。

 

先方によっては迷惑をかける場合もあるため

形見分けの際は気を付けなければいけません。

 

 

 

 

5:遺産分割の協議

 

遺産分割の協議とは、

相続人全員で遺産の分け方を決める

”話し合い”のことです。

 

遺産分割協議をしないで形見分けをすると

あとでトラブルの原因もなります。

 

 

 

 

第二ステップ:貴重品の詮索

 

「思わぬところから現金が…」

 

遺品整理をしていてよくあることです。

 

現金が出てこない場合があったとしても、

実印や通帳、貴金属、証券、家や土地の権利書

なども貴重品として詮索しておきたいところです。

 

相続に必要なものや家屋を処分する際に

欠かせないものもありますので、

大切な作業となります。

 

 

以下の品は、後々見つからないと困るものです。

参考にしてください。

 

●印鑑(実印・銀行員など)

●印鑑証明証

●土地の権利書や不動産関連の書類

●預金通帳

●生命保険・損害保険などの書類

●年金手帳など

●借入金などの書類

●クレージットカード

●公共料金に関する契約状況のわかる書類

●携帯電話やパソコンなど(個人情報が入っているもの)

●有価証券や貴金属類

●借入金などに関する書類

 

 

 

 

第三ステップ:衣類の処理

 

特に高齢者は、衣類が捨てられない方が比較的多いです。

 

そのため、部屋のスペースを

たくさん取っているのが衣類です。

 

ご両親の思い出が深くなかなか処分しにくい場合は

「一番思い出深いものを1,2点だけ取っておく」

ルールを決めておけば、片づけがスムーズにいきます。

 

 

また、ブランドものの衣類やタグの付いた未使用品などは

リサイクル業者に相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

第四ステップ:思い出の品を整理

 

思い出がたくさん詰まった品で

どうしても処分できないものは

段ボールや衣装ケースなどに入れて保管します。

 

そこで「120サイズの段ボール箱に3つまで」

といったルールを決めておくことをお勧めします。

 

第四ステップはすごく時間を取られる作業でもありますので

キリを付けるためにもルールを決めておきましょう。

 

思い出深い物以外に「処分するには惜しみない」お品は

リサイクルショップなどで相談されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

第五ステップ:一部屋ずつ片づける

 

大きな家財道具は後回しにして、

小物から片づけていくとはかどります。

 

また、大量に遺品がある場合は、

一部屋ずつゲーム感覚で片づけると

達成感が出てモチベーションも下がりにくいです。

 

小さな部屋から片づけていくのもいいかもしれません。

 

私は、寝室やリビングから片づけることをお勧めします。

 

その理由は、この2部屋からは

貴重品が比較的出てきやすいからです。

 

 

第二ステップで貴重品の詮索を行いますが、

意外と片づけの際に出てきやすいものです。

 

とりあえず、一部屋を空っぽにすれば

次の部屋を片づける際の物置部屋にもなります。

 

もし、廊下などの通路が

物で散乱しているようであれば

不用品を搬出する際に危険ですので

先に通路を片づけて動線を確保しておきます。

 

 

 

ここまでザックリとお話ししました。

 

まずは、ここまで読んで頂いて

「少しでもやってみようかな~」と

片づけの動機付けになって頂ければと思っております。

 

 

今後も片づけのコツやメリットなどについて

お話していきます。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

寺本

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.