ブログ


遺品整理 「思い入れが強く作業が進まない」

困る

 

遺品整理 「思い入れが強く作業が進まない」

 

この記事でわかること

 

 

 ・思い入れが強く作業が進まないとき

 

 ・遺品整理を進めるには

 

 ・選択肢を増やし負担を減らす

 

 

 

遺品整理を経験された方を対象に

「遺品整理で大変だったこと」

についてアンケートをとった統計。

 

3位は、

「思い入れが強く作業が進まない」

でした。

 

片付けなければいけないと思いながらも

故人を思い出しては手が止まってしまう…

 

生前、大切にしていた品なので捨てられない…

 

このような気持ちを抱えながら

遺品整理を行った方が多かったようですね。

 

思い入れが強く作業が進まない

 

突然の不幸や、大切な人の死…

 

受け入れることが出来ないまま諸事情等で

早急に遺品整理をしなければならない場合、

とても辛い作業だと思います。

 

一つ一つに思い出が蘇り手が止まり進まない…

故人の気持ちを思うと処分できない…

当然です。

 

もちろん、形見として残す事もできますが

「あれもこれも」という訳にはいきませんよね。

 

では、どのように進めればいいのでしょう。

 

●リストを作る

 

まず、残したい物を思い浮かべて

リストを作ってみて下さい。

 

故人が大切にしていた物や、

自分にとっても思い入れが深いものは

現物を見なくても思い浮かぶものです。

 

リスト以外の物は、

「そんなに思入れ深い物でもないな」と、

考えることができて処分しやすくなりますよ。

 

●一人で作業しない

 

遺品整理を始める初日だけでも一人じゃなく

何人かで思い出を共有しながら、

気持ちと共に整理を進めるのがいいと思います。

 

遺品整理を悲しく辛い作業にせず

みんなで故人を偲び、気持ちの整理もする

ひとつの区切りとして考えてみて下さい。

 

気持ちがグンと楽になりますよ。

 

●思い入れが少ない物から

 

生前よく使っていたお品や、

共通の思い出が詰まったお品。

 

これらは感情が高まり過ぎてしまいます。

 

思い入れが少ない物から始めましょう。

 

例えば、

・台所

・浴室 洗面所

・トイレ

・納戸 収納庫

 

日用品や消耗品などの生活雑貨は比較的スムーズに

処分することができるんじゃないでしょうか?

 

●専門業者に依頼する

 

遺品整理は精神的にも体力的にも

とても大変な作業です。

 

・親族が少なく手が足りない

・遠方に住んでいる

・運ぶのに必要な大きな車がない

 

特にこのようなケースでは遺族の負担が

とても大きくなってしまいますね。

 

自分達だけでは手に負えない場合は

遺品整理士や専門業者に依頼することも

選択肢の一つだと思います。

 

もちろん費用は掛かりますが、

貴重品も含め、残したい物や探し出してほしい物、

依頼時に伝えておけば対応してくれます。

 

 

遺品整理は大変な作業ですが、

故人様の最後のお引越しとなります。

 

物や思い出を風化させない為にも

なるべく早く済ませてあげたいですね。

 

白石

 

宜しければこちらも併せてお読みください。

はかどらない遺品整理はコレから片づけよう!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.