ブログ


『単身世帯の遺品整理』葬儀の生前予約

独居老人

 

単身世帯の遺品整理』葬儀の生前予約

 

 

未婚のほか、離婚や死別、子どもの独立などにより

単身で暮らす人が年々増加する中、

死後、出来るだけ周りに迷惑をかけないよう

自分で事前に準備される方が増えています。

 

不用品や家財道具を処分する以外に、

自分で出来る事を紹介して行きます。

 

事前に何をすればいいのかお悩みの方の、

参考になればと思います。

 

 

【この記事でわかること】

 

 

・葬儀の生前予約とは

 

・生前予約をするメリット

 

・生前予約の注意点

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

葬儀の生前予約とは

 

生前予約とは、読んで字のごとく

生前に自分の葬儀を予約しておくことです。

 

その内容や予算をあらかじめ決め

葬儀社と契約を結びます。

 

予約の流れは以下のようになります。

 

・葬儀社を選ぶ

 

・内容や希望を選択し、見積書を出してもらう

 

・葬儀社を決めた段階で費用を支払う

 

 ※支払方法は葬儀社により異なり、

 積み立て方式や、事後支払いもあります。

 

単身世帯であるために、

 

「自分の葬儀に手を煩わせたくない」

「費用の心配をさせたくない」

 

そんな理由から、

葬儀の生前予約を決める方が多いようです。

 

 

生前予約のメリット

 

・近親者のみの家族葬

 

・葬儀を省略し火葬のみの火葬式

 

・散骨などの埋葬方法の選択

 

など、自分が希望する葬儀を

行えることができます。

 

自分の予算内で行えるので

誰かに迷惑をかけてしまうかも…

そんな心配もありません。

 

 

生前予約の注意点

 

【葬儀の生前予約:トラブル】

 

・葬儀社や葬儀会場が倒産

 

費用が返還されない など

 

上記のようなトラブルが、実際に起こっています。

 

本当に倒産した葬儀会社もありますが、

詐欺目的で姿を消す会社もあるそうです。

 

葬儀の生前予約はまだ歴史の浅い分野であるため

法の整備が完全ではありません。

 

現実問題として泣き寝入りのケースもあります。

 

葬儀を安く済ませたいからと、

安易に先払いの契約は危険です。

 

 

【対策】

 

・葬儀費用を信託会社に預けておく

 

が賢明かもしれません。

 

なぜなら、もし葬儀社が倒産しても

信託会社であれば費用は全額返金されるからです。

 

行政書士や司法書士といった法律の専門家に、

相談してみると良いです。

 

 

解約手数料に注意

 

生前予約の解約、もしくは家族が生前予約を知らずに

他の葬儀社で葬儀を行うケースについてお話しします。

 

そういった場合は、

解約手数料がかかることがあります。

 

契約の際に、解約手数料についても

必ず聞いておくようにしましょう。

 

また、家族と一緒に生前予約を行うことで

 

『他の葬儀社に葬儀を頼んでしまう』

『葬儀の内容に異論が出る』

 

などが回避できます。

 

 

まとめ

 

生前予約を行う際に抑えておくべき

ポイントをまとめておきます。

 

・家族に相談してから決める

 

・自分の意見だけで葬儀内容を決めてしまわない

 

・複数から見積もりを取る

 

・葬儀費用を信託会社に預けておく

 

いかがでしたでしょうか。

 

生前予約には自分や残された家族にも

大きなメリットがあります。

 

ただし、未発達の分野であるため

問題点も多いのも事実です。

 

葬儀の生前予約は必須ではありませんが、

メリットとデメリットをよく考慮した上で、

検討されることをお勧めします。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.