ブログ


遺品整理用語集:『デジタル遺品の定額制サービス解約』

 

遺品整理用語集:『デジタル遺品の定額制サービス解約』

 

デジタル遺品について

 

インターネットから

定額制サービスを契約されている場合、

すぐに解約する必要があります。

 

なぜなら、定額制サービスのほとんどが

自動引き落としになっているため、

放っておくと銀行口座やクレジットカードが

凍結されるまで支払いが続きます。

 

スマートフォンの場合は、

遺族が携帯通信会社の店舗へ行けば解約ができます。

 

 

 

【この記事でわかること】

 

・定額制サービスの一例

 

・定額制サービスの解約方法

 

・まとめ

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

定額制サービスの一例

  • YouTube プレミアム
  • Amazon prime
  • Adobe CC
  • icloud
  • レンタルサーバー
  • Dropbox
  • Evernote
  • プロバイダ(ネット回線)
  • クックパッド
  • アフィリエイト
  • Slack
  • CodePen
  • ドメイン レジストラ

 

 

定額制サービスの解約方法

 

スマートフォンの場合

 

遺族の方が携帯通信会社の店舗へ行けば解約できます。

 

・YouTube Premium(プレミアム)解約方法

 

・Amazon prime(プライム)解約方法

 

・Adobe CC解約方法

 

icloud解約方法

 

・レンタルサーバー各種解約方法

 

Dropbox解約方法

 

Evernote

 

・プロバイダー(ネット回線)解約方法

 

クックパッド解約方法

 

アフィリエイト解約方法

 

Slack解約方法

 

ドメインレジストラ解約方法

 

 

 

まとめ

 

デジタル遺品の定期制サービスは

インターネットを利用したことのない方にとっては

少し面倒な作業となります。

 

ただ、冒頭でもお伝えしましたが、

定額制サービスのほとんどが

自動引き落としになっているため、

すぐに解約する必要があります。

 

もし、作業が困難な場合は、

パソコン業者やデジタル遺品を取り扱っている

専門業者にご相談されることをお勧めします。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

寺本

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.