ブログ


『単身世帯の遺品整理』墓じまい

先祖の墓

 

単身世帯の遺品整理』墓じまい

 

未婚のほか、離婚や死別、子どもの独立などにより

単身で暮らす人が年々増加する中、

死後、出来るだけ周りに迷惑をかけないよう

自分で事前に準備される方が増えています。

 

そしてその中で「墓じまい」に関してお悩みの方が

年々増えているそうです。

 

「墓じまい」をするには、どうすればいいのか?

参考になればと思います。

 

【この記事でわかること】

 

 

・墓じまいとは

 

・墓じまいの手順

 

・墓じまいのメリット

 

・墓じまいの注意点

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

墓じまいとは

 

「墓じまい」とは、

先祖代々のお墓や引き継いだお墓を撤去し、
そのご遺骨を近場の墓地や永代供養墓、

期限付き墓などに移す事を指します。

 

お墓を継承する事が難しくなっている昨今、
先祖代々のお墓が無縁墓となる可能性が
非常に高くなり、
誰にも供養されず荒れ放題になる前にと
選ぶ人が多いようです。
 

墓じまいを考えている理由には、

 

 

・自分の死後、管理者がいなくなる

 

・遺された子供達に負担になる

 

・遠方にお墓がある為、墓参りや管理が難しい

 

・檀家としての付き合いをしてない

 

 

などがあります。

 

 

 

墓じまいの手順

 

墓じまいを行う場合には、墓地埋葬法の定められた

法的な手続きをとらなければなりません。

 

すでにお墓を持っていて、

寺院・霊園での永代供養墓を希望する場合、

手順は、以下の流れになります。

 

 

1. 墓地住所の自治体から「改葬許可申請書」をもらう

 

2. 墓を管理する寺院や霊園から署名・捺印をもらう

 

3. 新しく永代供養をお願いする寺院・霊園から納骨許可書をもらう

 

4. 遺骨の取り出しと墓の整理をお願いする石材店を選定

 

5. 閉眼供養をして、遺骨を取り出す

 

6. 新しい寺院・霊園へ遺骨と改葬許可証を持参

 

7. 永代供養墓に合祀する(または個別に納骨)

 

 

これで墓じまいは完了です。

 

 

 

墓じまいのメリット

 

墓じまい後、永代供養墓を選んだ場合

 

 

・花の入れ替えや掃除の心配がない

 

・お墓参りにおける費用・労力の軽減

 

・何より死後における不安がなくなる

 

 

などのメリットがあります。

 

 

 

墓じまいの注意点

 

スムーズに墓じまいを行う為に、

注意しなければいけない点が幾つかあります。

 

 

・新しい納骨先を先に決めておく

 

・家族、親族に相談しておく

 

・費用は誰が負担するのか決めておく

※墓石の撤去費用・お布施代・書類代・納骨など

 

・墓石の処分は別途料金が必要になるので

 石材店に確認しておく。

 

 

お寺のお墓を墓じまいするとき離檀料で

トラブルになるケースもあります。

 

檀家をやめてほしくないお寺が

引き止める手段として法外な離檀料を要求するのです。

 

 

もし高額な離檀料が請求された場合は、

一人で対応せず行政書士を含めた三者での

話し合いをお薦めします。

 

 

 

まとめ

 

少子高齢化・核家族化・非婚率の増加…

 

様々な理由により、昔の様に先祖の墓を

代々守り続けて行くことが難しい時代になり、

 

散骨・樹木葬・手元供養など

埋葬の形もずいぶん変わりました。

 

墓じまいの手順を見ると、

決して簡単にすぐ出来る事でもありません。

 

自分の身体が元気な間に、

「墓じまい」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.