ブログ


『単身世帯の遺品整理』ペットの里親

老人とペット

 

単身世帯の遺品整理』ペットの里親

 

 

未婚のほか、離婚や死別、子どもの独立などにより

単身で暮らす人が年々増加する中、

死後、出来るだけ周りに迷惑をかけないよう

自分で事前に準備される方が増えています。

 

その中でも、遺されたペットに関して

お悩みの方も多いようです。

 

家族の一員として暮らし、

心を癒してくれるペット…

 

単身であるからこそ必要な存在であり、

その後の不安もはかり知れません。

 

そんな不安がある方にとって

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

【この記事でわかること】

 

 

・遺されたペットの行方

 

・里親探しの必要性

 

・遺されたペットのための3つの方法

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

遺されたペットの行方

 

「犬猫の年代別現在飼育状況」の調査で、

飼い主の2~3割がシニア層であることがわかりました。

 

そして、ペットフードの品質改善や

医療の発達などの背景もあり、

犬の寿命はここ30年間で約2倍になったと。

 

そして、孤独死の現場で

犬や猫などのペットが遺されているのを

発見される場合もあります…

 

里親が見つからない時、残念ながら

日本の法律ではペットは「モノ」の

扱いとなり、殺処分となってしまうのです。

 

 

里親探しの必要性

 

 

高齢者の単身世帯の方が

ペットと暮らせなくなる理由には、

 

・長期の入院が必要

 

・余命宣告をされた

 

・施設に入居する

 

などがあります。

 

飼い主がペットを最後まで責任をもって面倒をみる

「終生飼養」が努力義務として明文化された現代、

 

「ペットが安心して暮らせる場所はあるのか・・・」

 

「残されたペットはどうすればいいのか・・・」

 

残された大切なペットの生きる道を

どう与えてあげるかを考えることは

飼い主としての義務とも言えます。

 

飼い主の死後もペットが幸せに暮らせるために

安心して託すことが出来る里親探しは

とても重要な課題です。

 

 

 

遺されたペットのための3つの方法

 

 

・親族や友人にお願いする

 

・NPO法人に里親探しを託す

 

・老犬・老猫ホームに預ける

 

 

など、3つの方法をご紹介します。

 

 

■親族や友人にお願いする

 

ペットにとって環境が変わるだけでも

大きなストレスとなります。

 

1番安心できる方法は身近な人に

生前からお願いしておく事です。

 

ペットは家族同然の存在で、

その大切な家族を預けるなら

自分が信頼できる人がいいですよね。

 

何度か会っている人なら

ペットのストレスも少なく暮らせます。

 

 

NPO法人に里親探しを託す

 

誰もがペットを飼える環境で

暮らしている訳ではありません。

 

親族や友人にお願いすることが出来ない場合は

お住まいの地域周辺で活動している

里親探しのNPO法人に託す方法があります。

 

上記にあるように様々な理由で、

飼い続けることが出来なくなったペットの

里親探しをしてくれる団体です。

 

近年、犬猫の殺処分ゼロを目指し

世界中で活動が広まっていて、

里親を希望する人の登録数も年々増えています。

 

内閣府NPOホームページ「日本ペット里親協会」

ご参照下さい。

 

 

老犬・老猫ホームに預ける

 

犬や猫にも、老犬ホームや老猫ホームが

あることをご存知ですか?

 

環境や設備などを見学でき、

残されたペットがどのように暮らしていけるのか

納得した上で預けることが出来ます。

 

また、飼い主の方が亡くなる前から

ペットを預けることもできますので

亡くなってからの不安もありません。

 

全国の老犬ホーム一覧「老犬ケア」

ご参照下さい。

 

 

 

まとめ

 

ペットの世話ができなくなる日が何時やってくるのか…

それは誰にもわかりません。

 

年齢に関係なく単身でペットと暮らす場合に、

「もしも…」と、誰もが考える事でしょう。

 

愛する存在のペットが最後まで安心して

暮らせるように、

 

自身の生前整理の一環として

備えてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.