ブログ


『単身世帯の遺品整理』家じまい

家の売却

 

『単身世帯の遺品整理』家じまい

 

「両親が住んでいた家を子供が片付ける」

 

私たちが、遺品整理のご依頼をいただく殆どが

このケースです。

 

そして、皆さん一様に

「今住んでる家は、

自分が元気な内に何とかしようと思いました」

と、仰られます。

 

自分が感じた苦労を、

自分の子供には味合わせたくない…

 

そんなお気持ちのようです。

 

未婚・死別離別・子供がいない単身世帯が

増加する日本。

 

自身の老後や死後を考えた「家じまい」

 

メリットや確認すべき注意点をまとめました。

 

ご参考になればと思います。

 

 

【この記事でわかること】

 

 

・家じまいとは

 

・家じまいをする理由

 

・確認すべき3つの事

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

家じまいとは

 

家じまいとは具体的に、

 

・家の中の荷物をすべて片付ける

 

・家を売却 又は 解体取り壊し

 

この2つになります。

 

まず、家じまい後の生活に必要ない物は

すべて処分し最低限の荷物にする。

 

家はそのまま売却か解体取り壊したあと

更地での売却にするかを決める。

 

この二つをする事で

お金の整理にも繋がります。

 

自立した子どもが

実家を継がないことは珍しくありません。

 

自分たちが住まなくなった家は空き家となり

様々なトラブルの原因となります。

 

元気な内に売却し、

マンションやサービス付き高齢者住宅などへ

住み替えたりすることを「家じまい」といいます。

 

 

 

家じまいをする理由

 

「住み慣れた家で最後の時を迎えたい」

 

誰しも願うことでしょう…

 

ただ、高齢になってくると

若い時と同じ様には暮らしていけなくなるものです。

 

・足が悪くなり2階へ上がれなくなる

 

・免許返納後の生活が不便になる

 

・バリアフリーではない

 

・身内が近くに無く遠距離介護になる

 

こんな不安事がたくさん出て来てしまいます。

 

家を処分し現金に換え、

自分の生活に適した住宅へ引っ越し、

老後を安心して迎えようとするのです。

 

また、相続時にもめやすい不動産を整理する為に

自分の代で家じまいをしておく人もいるようです。

 

 

 

確認すべき3つの事

 

家や土地を売却する時に

確認しておくべきことがあります。

 

 

1.所有者

 

2.境界・測量

 

3.不動産価値を査定

 

1.所有者

 

古い家の場合、名義が誰の物なのか

分からなくなっている事もあります。

 

登記を確認し、所有者が故人の場合は

名義に変更が必要です。

 

2.境界・測量

 

敷地の境界が曖昧になっているケースも

多くあります。

 

法務局で測量図を確認し境界が不確定の場合、

お隣さんと話し合いをする必要があります。

 

3.不動産価値を査定

 

売る場合の相場は知る事は大切です。

 

複数の不動産会社のサイトでの比較や、

国土交通省が運営しているサイト

「土地総合情報システム」で価格を把握します。

 

 

まとめ

 

時代が変わり、

家は一代で終える物となりつつあります。

 

自分の望む老後を迎えるためにも

元気な内から「家じまい」の準備を

検討してみるのもいいですね。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.