ブログ


マスクで耳が痛くなる!そんな時の解消法

マスク

 

マスクで耳が痛くなる!そんな時の解消法

 

新型コロナ感染防止のために、

マスクの装着は何よりも大切な防御策です。

 

命を守るため仕方ないのですが

一日中着けていると耳の後ろが痛くなり

かなりの苦痛を感じたりします。

 

そこで今回は、長時間マスクを着けていても

耳が痛くならない方法をご紹介します。

 

 

マスクのサイズは合っていますか?

 

メーカーや形によってマスクのサイズは

違います。

 

着けていて耳が痛くなるのは

サイズが小さい事が一番の原因です。

 

ゴムのひっぱりが強いせいで

耳の後ろが圧迫されてるんですね。

 

M・Lなどの表示や女性用、子供用などから

自分に合ったサイズを選びましょう。

 

 

サイズは合っていても痛くなる

 

1.ゴム紐を手で伸ばす

 

マスクを着ける前に、

ゴム紐部分を左右に引っ張り伸ばします。

 

 

2.コットンをあてる

 

耳にかかる部分に、コットンやテッシュなどを

巻きつけて直接あたるのを防ぐ。

 

 

3.マスクのゴムが広めの物を選ぶ

 

各メーカーから色んなタイプのゴム紐が

発売されています。

 

パッケージに「耳が痛くなりにくい」と

表記されている物もたくさんあるので

確認して購入して下さいね。

 

私が使った中では、耳にかける部分が幅広で

ゴムというよりスポンジに近い、

新ポリウレタン素材の物が快適でした。

 

 

4.輪ゴムやクリップを使う

 

マスクの左右の紐を輪ゴムやクリップを使って繋ぎ、

耳ではなく後頭部に掛ける。

 

耳への負担がなくなり、

長時間マスクをすることができます。

 

■輪ゴムの場合

マスクの片方の紐に輪ゴムを通し、

もう片方の紐にくくりつける。

 

■クリップの場合

装着前のマスクの左右の紐を

クリップでつなぎ合わせる。

 

耳にかけるのではなく後頭部にかける。

 

 

いかがでしょう?

どれも手軽に出来る物ばかりです。

 

小さいお子様は痛みを感じると

マスクを嫌がってしまいますよね。

 

コロナの収束には、

まだ時間が掛かりそうです。

 

命を守る行動と共に、今できる中で

少しでも快適な生活を送りたいですね。

 

 

白石

 

関連記事:今日から使える!生活に役立つ裏ワザ

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.