ブログ


衣替えの季節です!知っておきたい収納の注意点

衣替え

 

衣替えの季節です!知っておきたい収納の注意点

 

 

季節の変わり目にする衣替え。

 

何気なくしている衣替えにも

収納方法に幾つかの注意点があります。

 

 

収納する時の注意点

 

 

1.たたみ方

 

次のシーズンに出した時、たたみジワや型崩が原因で

すぐに着れなかった経験はありませんか?

 

ちょっとした工夫で防ぐ事が出来ますよ。

 

上から重ねて収納せず、立てて収納。

 

重ねて収納してしまうと下になった服は

重みでプレスされた状態になってしまいます。

 

長方形を意識し、たたむ箇所を減らすと

シワを最小限に防げます。

 

 

2.クリーニングのカバー

 

クリーニングから戻ってきた時に

覆われているビニール。

 

そのまま収納した方が良いかな?と

思いますよね。

 

実は間違いなんです。

 

クリーニングではドライ溶剤や酸化防止剤といった

化学薬品が使われています。

 

その成分が気体としてビニール内に残り

素材を傷めてしまう可能性があるんです。

 

さらに湿気を留めやすく

カビの原因にもなってしまいます。

 

 

3.防虫剤

 

大切にしていた洋服。

 

いざ着ようとしたら所々の穴が!!

 

虫食いを見つけた時は

本当にショックですよね。

 

その為には、防虫対策は必至です。

 

今は種類も増え匂いが付かないタイプも

あります。

 

注意すべきは置く場所!

 

空気より重い性質を持っているので

上から下へと浸透します。

 

収納する一番上に置くのが正解です。

 

積み重ねが高い場合は、

真ん中にも置いておくと安心ですね。

 

 

4.引き出し

 

引き出しで季節毎に収納する場合も

注意点があります。

 

衣類の素材によって上段・中段・下段と

分けて収納しましょう。

 

湿気は下に溜まりやすいので

デリケートな素材には向きません。

 

カシミア・シルクなどは上段。

 

ウール・混合繊維などは中断。

 

綿・ポリエステルなどは下段。

 

収納する時にしっかり素材を確認して下さいね。

 

 

 

来シーズンも着たいお気に入りの服。

 

思い切って買った高価な服。

 

正しい収納でキレイを保ちましょう。

 

 

白石

 

関連記事:スッキリ片付く「それ!捨てどきサインです」

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.