ブログ


断捨離を邪魔する3つの言葉「いつか、もしかして、○○たし」

断捨離

 

断捨離を邪魔する3つの言葉「いつか、もしかして、○○たし」

 

自粛生活が長引く日々、断捨離を決意した方も

多いのではないでしょうか?

 

その中で、断捨離に成功した方と

志半ばで終わってしまった方…

 

結果が分かれてしまう原因は何でしょう。

 

 

振り分け力

 

物を捨てる時、必要となるのが

 

「いる物」「いらない物」の振り分け。

 

この時の振り分け力が勝敗を決めます。

 

本当に「いる物」は迷いません。

 

「いらない物」を悩み、迷うことで

たいして物が減っていない結果を

生み出してしまうんですね。

 

あなたは迷っている時、

こんな言葉を口にしていませんか?

 

 

断捨離の邪魔をする3つのワード

 

●いつか

 

●もしかして

 

●○○たし

 

この3つの言葉。

 

この言葉は片付け様とするあなたの

邪魔をしてしまいます。

 

「いつか使うかも」

 

「もしかして娘が欲しがるかも」

 

「高かったし、まだキレイだし」

 

物への執着と不安がこの言葉を

言わせ、あなたの手を止め誘惑します。

 

 

そんな時は!

 

自分にツッコミを入れる

 

「いつか」って「いつ??」

 

「もしかして」って「なにを根拠に??」

 

「高かったし」って「今もその価値ある??」

 

こんな風に自分にツッコミを入れて下さい(笑

 

そして、具体的な理由を説明出来る物だけ

「いる物」に振り分けましょう。

 

この時に、「保留」の場所を作るのも

いいですね。

 

ちょっと迷って保留にした物は、

1年後そのまま使わなかったなら

「いらない物」だったと判断する。

 

そんなルールを作って迷い時間を

失くしてしまえば、

 

あなたも断捨離の成功者

 

 

片づけている時、3つの言葉に邪魔されないで

下さいね。

 

白石

 

関連記事:コロナで外出できないなら断捨離のチャンスです!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.