ブログ


これって不用品?不要品?

わからない

 

これって不用品?不要品?

 

使わなくなったモノを処分したい。

 

これって不用品?不要品?どっち!?

 

同じように聞こえますが、

この2つには大きな違いがあります。

 

 

【この記事でわかること】

 

 

・不用品とは?

 

・不要品とは?

 

・処分方法の違い

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

不用品とは?

 

不用品とは、

壊れてしまって使えないモノを指します。

 

・本来の機能が使えない

 

・電源が入らない

 

修理が必要、もしくは修理も出来ない状態のモノ。

 

ジャンク品と言われたりもします。

 

古い家電品などが多く当てはまります。

 

 

 

不要品とは?

 

不要品とは、

自分にとって要らなくなったモノを指します。

 

・機能面は問題なく使用できる

 

・引っ越しなどの理由で要らなくなった

 

この様なモノを不要品と言います。

 

まだ新しく、見た目にもキレイな状態のモノ。

 

 

 

処分方法の違い

 

不用品は、「壊れてしまって使えないモノ」なので

処分費用を払って廃棄してもらいます。

 

家電リサイクル法に分類される

 

・テレビ

 

・冷蔵庫

 

・洗濯機

 

・エアコン

 

は、リサイクル料を支払う必要があります。

 

壊れていても希少なモノや

部品取りとして価値のあるモノは

「ジャンク品」として値段が付く場合もあります。

 

これは!?と思うモノは処分する前に

リサイクルショップなどに確認してもいいですね。

 

不要品は、「まだ新しく、見た目にもキレイなモノ」

 

リサイクルショップで買い取ってもらったり

ネットオークションで売ったりできます。

 

ただし、家電品は製造年から3~5年以上だと

壊れていなくても買取対象外とされるモノが

ほとんどになってしまいます。

 

 

 

まとめ

 

家を片付ければ、不用品も不要品も出てきます。

 

区別に困ったり、処分に悩んだ時に

参考になれば幸いです。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.