ブログ


50年後には2.5人に1人が65歳以上!?

介護老人

 

50年後には2.5人に1人が65歳以上!?

 

以下は2019年発表された

日本の総人口数です。

 

総人口:1億2625万人

 

因みに、

前年度比:24万8千人(0.2%)

の減少です。

 

 

その中でも特に減少が目立つのが、
15歳未満の人口で、1532万人と
前年度比:19万6千人(1.27%)の減少。

それに対して、

65歳以上の人口は3575万2千人

前年度比:37万6千人(1.06%)

の増加。

 

2018年10月の総人口に対し

15歳未満の割合12.2%で過去最低

65歳以上の割合28.1%と過去最高

 

 

老年人口(65歳以上人口)は団塊ジュニア世代が高齢者となる!

 

2040年頃にピークを迎える

と言われています。

 

今後長期の人口減少過程に入り2048年には、
1億人を割って9913万人となり2060年には、
8674万人になると推計されています。

 

50年後の日本人口は9000万を割り込みます。

 

 

高齢化率は39.9%2.5人に1人が65歳以上

 

現役世代1.3人で

1人の高齢者を支える社会です。

平均寿命も延び続け2060年には

 

男性84.2歳

女性90.9歳

 

と推計されています。

 

 

心配されるのは医療費・年金の保証問題

 

現役世代1.3人で1人を支えるのですから、
その負担はかなり重くなるでしょう。

 

税金・保険料・年金・住民税など、
給与の中からどんどん引かれ
自由に使えるお金が減るばかり。

 

選挙前になると

少子高齢化問題について政治家が
声高く叫びますが具体策はないまま。

 

 

参議院選挙前には

 

「老後資金が2000万円不足する」

 

などと不安をあおり、

定年退職の年齢を引き上げようとする

 

「70歳まで継続就業」

 

を提案しています。

 

 

年金支給金額が目減りするなかで、
若い世代は益々支払い意欲を失くします。

 

国に頼る事が不安な現在の日本。

 

老後のライフプランを立て、
自分の生活は自分で守る意識が必要です。

 

 

白石

 

関連記事:老後の不安は、お金?健康?家族?

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.