ブログ


遺品整理士の仕事

遺品整理士の仕事って何をするの?

 

遺品整理士の仕事は

大きく分けると以下の5つです。

 

 

1:ご遺族様の意見をお伺いし故人のものを4つに仕分けする。

 

①残しておくもの

②廃棄するもの

③リサイクルするもの

④お買取りできるもの

 

 

2:不用品の排出

 

一般廃棄物運搬業者と提携し搬送車に積み込み。

 

 

3:作業終了後、部屋を掃除する

 

ご遺族様の任意により部屋を掃除する。

 

 

4:地域のルールに従って、不用品の処理を行う

 

遺品整理業者が一般廃棄物処理運搬業の資格をもっていない場合、

一般廃棄物処理運搬業者へ依頼する。

 

責任を持って定められた指定の廃棄物処理場で処理を行う。

 

 

5:遺品整理に係るサービスを提供

 

遺品整理士は遺品の整理だけではなく、

ご遺族様のご要望に応じて、

様々なサービスを提供いたします。

 

 

①リサイクル業者

・資源ゴミ、家財道具のリユース

 

②リフォーム業者

・畳やふすまの新調、室内のリフォームなど

 

③古物買取業者

・アクセサリーの買取、骨董品の買取、その他

 

④解体業者

・家屋解体

 

⑤お寺・神社

・お性根抜き、お焚き上げなど

 

⑥仏具店

・お仏壇の引取り

 

⑦不動産業者

・家屋や土地の売買

 

⑧廃棄物処理業者

・一般廃棄物

・産業廃棄物

 

⑨司法書士・弁護士

・贈与、相続に関する相談など

 

⑩配送業者

・遺品の配送

 

ーーーー

 

遺品整理士の仕事はご遺族様に

 

「処分してほしい…」

 

と言われたものだけを処分する

仕事ではありません。

 

故人の大事にしていた物を

「もう一度価値を見出してあけること」

これに尽きると思います。

 

 

お写真やお手紙が出てきたらとりあえず保管し、

ご遺族様に確認を取ってから処分することも

大切なことです。

 

 

私は遺品整理士として

常に温かみのある対応を心がけております。

 

 

寺本

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.