ブログ


体はボロボロ!脳にまで影響を及ぼす「ロキソニンとボルタレン」の副作用

頭痛

 

10日で食欲不振、20日で胃から出血、1ヶ月で緊急性肝障害

 

今回の記事は、

『週刊現代2020年1月25日号』

に記載されていた記事を参考にしました。

 

ロキソニンとボルタレンは

鎮痛剤として薬局や病院などで

取り扱われています。

 

今は飲んでませんが、

私は数年前まで極度の頭痛持ちで、

ロキソニンやボルタレンには

大変お世話になりました。

 

これらの鎮痛剤は、睡眠薬と同様に

使用期間を間違うと思いもよらない

副作用に侵されると言われています。

 

 

鎮痛剤の処方は、

『シンプルに短期間で少量』

が原則とされています。

 

 

これを無視すると

 

体はボロボロになり脳にまで影響を及ぼす

 

と書かれていました。

 

 

ロキソニンやボルタレンなどの

鎮痛剤はすぐに効果が出る分

副作用もキツく、飲み始めた期間によって

以下のようなリスクがあるそうです。

 

服用:10日以内

発疹やめまい、ふらつき、気分が悪くなるなどの症状

食欲不振、胃腸などの消化器の異変。

服用:10日~1ヶ月

胃粘膜傷害、胃潰瘍、慢性胃炎、十二指腸潰瘍などのリスク

ひどい頭痛(薬物乱用頭痛)

服用:1ヶ月以上

急性腎障害になるリスクが一気に高くなる

かゆみ、疲れ、呼吸困難、嘔吐、不整脈

 

 

どうやって、やめられるの?

 

専門家は、

 

「常用するのではなく痛みが出た時にだけ

服用するのが望ましい…」

 

と言っています。

 

とは言っても、

慢性的な痛みを抱えている人には

難しいのではないかと思います。

 

そのような方は、

肝臓や腎臓への影響を見るために

定期的に血液検査をするのが

望ましいそうです。

 

 

また、薬以外の理学療法を併用した

治療法があるそうなので、

一度、大きな病院でご相談されることを

お勧めします。

 

 

寺本

 

関連記事:麻薬同等の食べ物から断つ方法

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.