ブログ


高齢者特有の捨てられない物

高齢者

 

高齢者特有の捨てられない物

 

遺品整理の中で、ご高齢者特有の

「捨てられない物」が見えてきます。

 

・あらゆる試供品や、ポッケットティッシュ

・期限の切れた薬や湿布

・様々な店の紙袋や包装紙

 

などと、様々ありますが
共通して多いのが「郵便物」です。

 

 

例えば…

 

・公共料金の明細

・各種保険の更新ハガキ

・年金・税金等の通知

・クレジットカード等の明細

・各種契約書

 

このような郵便物が

家中のあらゆる引き出しから

出てきます。

 

そして、そのほとんどが
何年も前の物でなんです。

 

私たち、遺品整理士は仕分け・分別の際、
郵便物や書類などは、必ずご遺族様に
確認して貰ってから「処分する物」

として分けています。

 

 

当然、何年も前の郵便物や書類
ご遺族様も、「要らない」と
おっしゃいます。

 

それでも、重要な書類や権利書を
間違って捨ててしまう訳にはいきません!

 

一つ一つ確認するだけでも
大変な作業時間が掛かります。

 

ご遺族様で遺品整理をされる場合でも
根気と時間がいる作業です。

 

 

ぜひ、今からでも郵便物や書類の
整理をしておいて下さい。

 

 

郵便物や書類の整理収納術

 

収納術その1

まず、郵便物や書類を入れる場所を
1ヶ所に決めましょう。

 

収納術その2

年毎に引き出しの段を変え

2年以上前の物は処分する等の

期限を設定しましょう。

 

収納術その3

重要な書類や権利書は
一つの引き出しにまとめ
他の物と混じらない様にしましょう。

 

収納術その4

ダイレクトメールやチラシは
見た後すぐに捨てましょう。

 

 

これだけで要らない郵便物が
溜まることは無くなりますよ。

 

少しの手間の積み重ねが
不用品を無くしていくのです。

 

ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

白石

 

関連記事:遺品整理士は見た!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.