ブログ


遺品整理で心霊現象?

空き家

 

遺品整理で心霊現象?

 

『家の中も外もモノで溢れかえっている』

『湿気が多く、光の入らない部屋』

『空き家になってから何年も放置されている』

 

お見積りの際に、

この3つの条件が揃った家屋は

高確率で何らかの霊的なものを

感じることが多いです。

 

 

私は霊感は強い方ではありませんが、

ただ、何年もこの仕事をしていると

家屋やお部屋の状態で直感的に

何かを感じ取れるようになりました。

 

また、ここでは言えない

不思議な現象が起きることもあります。

 

 

もちろん、これらの現象は

私たちにとって宿命でもありますが、

ただ一つ思うことは、

 

故人様やご先祖様は、

「成仏できていないのでは…」

 

と私は感じています。

 

 

私は、霊能者でも霊媒師でもないので

安易に「成仏できていない」とは言えません。

 

が、

 

これまでの経験から、

 

”軽い思い込みではない”

 

ことは確かです。

 

 

ただ今回、

「掲載するべきか、やめておくべきか」

は、正直悩みました。

 

 

なぜなら、

霊的なことが嫌いな方が読むと、

 

「くらのすけには頼みにくいね」

 

と、なってしまわないか…

 

そんな懸念があったからです。

 

しかし、

ここでお伝えしたいことは

霊的な話ではありません。

 

 

遺品整理は

 

故人様やご先祖様を偲び、

ご供養につなげるための行事

 

だということを、あなたに

どうしてもお伝えしたかったのです

 

そして、今後、遺品整理をするにあたって

気を付けて頂きたい項目を

5点書かせて頂きました。

 

この5点は最低限、気を付けて頂きたい

とても大切な内容です。

 

 

これからのご家族の幸せにも

繋がってくると思います。

 

営利目的は一切ありませんので

ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

 

 

 

家屋に溜まった邪気を払い除ける

 

以下の項目に当てはまる家屋は

家屋に溜まった邪気だけでも

払い除けてあげてください。

 

なぜなら、故人様やご先祖様だけでなく

ご親族様にも何一つ良いことはないからです。

 

 

■遺品や廃棄物で床が全く見えない部屋

足の踏み場の無い部屋は、

邪気が最も好む環境です。

 

モノで溢れ散乱したお部屋に

長年住んでいると、

健康状態も損なわれます。

 

 

■何年も窓を開けていない部屋

空気の入れ替えをしないと

邪気がどんどん溜まります。

 

小さな邪気も少しずつ増えて

大きくなると、さらに

強力な邪気になります。

 

また、邪気はホコリも大好きです。

 

 

■日当たりが悪く湿気の多い部屋

カーテンや雨戸を締め切ったままのお部屋は

湿気が多く、カビも発生します。

 

明るくて湿気の無い部屋は

邪気は嫌います。

 

 

■害虫・小動物の住みか

ゴキブリやダニなどの害虫(死骸)。

 

そして、小動物の住みかとなった部屋は

尿や糞なども散乱しています。

 

邪気は汚れや悪臭、死骸、毛などを

大変、好みます。

 

 

■水回りがかなり汚れている

水回りは神様の通り道ともいわれ、

この場所が汚れている(すぐに使用できない)

場合は、かなり怖いです。

 

癌などの重い病気で

亡くなられた方も少なくありません。

 

 

家屋の邪気は、とにかくコレで対処せよ

 

対処1:家屋の喚起

真っ先に家屋すべての窓を開けて

喚起をします。

 

換気扇も回しましょう。

 

 

対処2:悪臭物を撤去

生ごみ、冷蔵庫の中身、キッチン回り

トイレの中、悪臭を放つものは

徹底的に処分です!

 

 

対処3:散乱した不用品を撤去

もし、自分たちで処分しきれない

大量の不用品だった場合、

玄関口と水回りだけでも

きれいにしてあげましょう。

 

段ボールや古紙などは、

リサイクルボックスなどを利用すれば

日時関係なく処分できます。

 

不燃・可燃・粗大ごみなどは

少量ずつ出せば、市町村の

ゴミステーションが利用できます。

 

 

対象4:小動物の出入口をふさぐ

小動物が出入りしている部屋は

形跡があるので、すぐわかると思います。

 

ただ、どこから入ってきたのか

分かりにくい場合がありますので、

その場合は、専門業者に

相談されることをお勧めします。

 

因みに、イタチは

天井裏からの侵入がほとんどです。

 

 

対処5:庭の樹木やツタなどを排除

庭に茂っている樹木や

外壁を覆っているツタなどで

部屋の中が暗くなるケースもあります。

 

雨戸やカーテンを開けても

樹木やツタで明るくならないことも。

 

できる範囲内で無理をせず

排除してあげましょう。

 

開かなかった窓もツタを取り除けば

開くことがほとんどです。

 

 

最低でも上記の5つの対象で

かなり違うと思います。

 

また、家の周りに

お塩やお酒で清めてあげるのも

1つの方法です。

 

 

空き家の場合、

ご遺族の方が遠方などで

頻繁に足を運べない方も

いらっしゃると思います。

 

その際は、定期的に空き家を

管理してくれる業者もありますので、

そういったサービスを

利用するのもいいでしょう。

 

 

この記事をきっかけに

故人様やご先祖様のご供養の見直し

そして、遺品整理の動機付けに

なって頂ければ幸いです。

 

 

寺本

 

関連記事:空家になった実家の相続と放置したリスク

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.