ブログ


マスキングテープを使って間引きお掃除

マスキングテープ

 

マスキングテープを使って間引きお掃除

 

汚れを落としにくい場所のお掃除、

ストレスを感じていませんか?

 

例えば、

 

キッチン台と壁の境目にあるゴム部分は

油が溜まりやすく、角になっているため

お掃除クロスが届きにくい。

 

そして、水回りのゴム部分。

 

常に水が掛かる場所なのでカビになりやすく

汚れを落としにくい。

 

こういった場所ですね。

 

こんな汚れを予防し、お掃除の回数を減らせる

お掃除アイテムが「マスキングテープ」です。

 

 

マスキングテープって?

 

女性は文具売り場で見かける機会が

多いのではないでしょうか?

 

手帳や小物、家具などを自分好みに

飾り付けたりラッピングを華やかにしたり。

 

最近では種類も増え人気を集めています。

 

男性は塗装する際の養生としてや、

傷をつけない為の保護用のテープの

認識があると思います。

 

色々な用途があるマスキングテープですが、
今回は、掃除を楽にする汚れ予防として

使い方をご紹介したいと思います。

 

 

1.キッチン

 

冒頭でも記したように、

キッチン台と壁の境目の角やゴム部分の

油汚れ。

 

平面に比べ、汚れは溜まりやすく

ゴム部分はベトベトになってしまいます。

 

予め、マスキングテープを張る前は

油汚れやカビはキレイにして下さい。

 

注〕この作業を怠ると、ただ汚れを

隠しただけになってしまいます。

 

角部分はL字型に沿って端から端まで

テープを貼ります。

 

ゴム部分も同じように、ゴムを覆うように

端から端まで。

 

直接の汚れを防ぎ、定期的にテープを

貼りかえるだけでお掃除終了!

 

 

2.洗面台

 

水アカや石鹸カスが溜まりやすい洗面台。

 

マスキングテープを貼るだけで、

お掃除回数がグンと減ります。

 

壁に面した角と、洗面ボールの周りをぐるり。

 

こちらもキッチン同様、定期的に

貼りかえるだけ。

 

 

ポイントは色選び

 

マスキングテープの色は、

キッチンの壁の色や洗面台の色に

合わせて選ぶことがポイントです。

 

そうする事で色浮きを防ぎ

遠目で見て気づかれにくくなります。

 

白い壁や洗面台なら、

白のマスキングテープを、

 

黒い壁や洗面台なら、

黒や濃いグレーを選んで貼ればOK。

 

マスキングテープは、ある程度の耐水性があり

一ヶ月に一度程度の貼り替えでいいし、

 

剥がした跡が残ったり、接着面のベタベタ残りも

ありません。

 

お掃除頻度を間引くことが出来る

マスキングテープ。

 

まだまだ使える場所はたくさんあります。

 

お家の中を見渡して、

ドンドン活用して下さいね。

 

 

白石

 

関連記事:網戸掃除を簡単で時短にする3つの裏ワザ

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.