ブログ


遺品整理「貴重品の詮索とは?」

 

遺品整理「貴重品の詮索とは?」

 

私たち「くらのすけ」では遺品整理の際の

徹底した貴重品の詮索をお約束しています。

 

お遺族様からは、

 

「どこまでの範囲が貴重品なんでしょう?」

 

「仕分け作業とは違うんですか?」

 

などと、質問をされる事があります。

 

遺品整理時の仕分け・分別の仕方と

貴重品として扱わせていただく物を

具体的にまとめました。

 

参考になれば幸いです。

 

 

【この記事でわかること】

 

 

・仕分けと分別

 

・どんな物が貴重品?

 

・貴重品以外でも探してくれるの?

 

・まとめ

 

 

それでは、上記の順でお伝えします。

 

 

 

仕分けと分別

 

初めに必ず処分する物の分別も含め、

仕分けをしています。

 

まず、分別内容としては、

 

燃える物、燃えない物、ビンや缶、

スプレー缶やガスボンベの危険物。

 

布団や衣類等の布類。

 

食器、鍋やフライパン。

 

調味料や洗剤等の液体物。

 

雑誌、手紙、写真、書類等の紙類。

 

小物・大型家電や木製品。

 

金品類。

 

この様に細かく分別します。

 

仕分け内容としては、

 

お買取りが可能な物、

リサイクルが可能な物。

 

仕分けする事によって処分する物の量を

少しでも減らすことが出来て

料金の軽減に繋がります。

 

 

どんな物が貴重品?

 

貴重品として詮索する物。

 

・現金、貴金属

(イミテーションのアクセサリー、時計等も含む)

 

・権利書、株券、契約書等の書類

 

・通帳、印鑑、年金手帳、保険証、カード

 

・郵便物、写真

 

・鍵

 

これらは、特に依頼がなくても必ず詮索し、

作業終了時にご遺族様にご確認いただくまで

大切に保管致します。

 

 

 

貴重品以外でも探してくれるの?

 

もちろん、ご遺族様から依頼のあったお品は

価値の有無は関係なく、どんな物でもお探しします。

 

例えば、

 

・子供の頃に描いた絵

 

・へその緒

 

・表彰状

 

・大切に持っていたキーホルダー

 

どこかに必ずあるはずなのに

見つける事ができなかった…

 

思い出のお品はご遺族様にとっては

金品以上に大切なものです。

 

誠心誠意、丁寧にお探し致します。

 

ただし、必ず見つけ出せるとは

限りませんので、ご理解くださいませ。

 

 

 

まとめ

 

すべてを任せてしまうのは

不安もあるかと思います。

 

そんな場合は、作業中の立ち合いで

その都度、確認していただく事もできます。

 

貴重品の取り扱いで業者に依頼するのを

躊躇されている場合には、

見積もり時にしっかり確認して下さい。

 

信頼できる業者を選ぶことで

不安は解消できると思います。

 

徹底した詮索で、

故人が遺した大切な遺品を

守りたいですね。

 

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

白石

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.