ブログ


赤穂市 空き家等実態調査

平成28年に市が実施した赤穂市の空き家件数です。

 

 

「赤穂市空家等実態調査」によると、

 

 現地外観調査数量 : 2390件

 

 空家等数量    : 1258件
   

「赤穂市のホームページ(https://www.city.ako.lg.jp/)より抜粋」

 

調査件数の半数以上が空家という結果となりました。

空家の状態が管理されている物か、放置家屋である物なのかは調査されていませんが、空家が増加している事は確実です。

 

それに対し、市でも「空家等管理システム」を導入する事で空家等対策を検討しています。

また、空家等所有者からの管理や活用に関する要望も公開されています。

・売却したいが金額が折り合わない

 

・解体したいが除去費用がない

 

・帰省時に赤穂市空家情報バンクを訪れたい

 

・赤穂市で「空家見守りたい」のようなものを作って欲しい。(有料でも可)

 

・所有者が判断できない状態にあり対応等について相談窓口を教えて欲しい。

 

・経済的な余裕がないので解体撤去に要する費用補助について相談窓口を教えて欲しい。

 

・更地にせざるを得ない場合、庭木や庭石を利用出来るなら利用してもらいたい。

 

・有効利用してもらいたいが、具体的な知識がない。

「赤穂市のホームページ(https://www.city.ako.lg.jp/)より抜粋」

 

 

空家等を所有するにあたり、様々な悩みのお問い合わせがあるようです。

所有する空家の、売買又は賃貸をご希望であれば赤穂市の空き家バンクに登録を考えてみては如何でしょう。

 

登録申し込みは「市民対話課」になります。

 

登録出来ない物件、立地条件等もありますので一度ご確認ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.