ブログ


一日約17,000トンの食材が廃棄!?

美化センター

 

一日約17,000トンの食材が廃棄!?

 

昨今、『フードロス問題』が

日本の大きな問題として取り上げられています。

 

・コンビニ弁当の廃棄

・大手スーパーの食品の廃棄 

・飲食店の食材の廃棄

 

などです。

 

 

農林水産省のデータによると

廃棄物の量は年間で、

 

「621万トン」

 

と言われています。

 

この数字は東京都民の1年分の食糧に値します。

 

 

621万トンの半分は発展途上国に送られている

 

という情報もあります。

 

 

「半分と言わずに全部送ったら

廃棄物の量はゼロになるのでは…」

 

そんな意見もあると思います。

 

が、

 

すべての廃棄物を

発展途上国に送ることは

現実的ではありません。

 

 

たとえば、

 

▪衛生上の問題

▪腐敗の問題

▪冷凍輸送すればコストがかかる

 

などが考えられます。

 

 

また、食品を処理するために

年間1兆円の税金が使われているそうです。

 

ということは、

 

単純に考えても17,000トンの食糧が、

毎日廃棄されると同時に

 

27億円以上の税金が使われている計算

 

になります。

 

 

各企業では、フードロス問題について

深刻に考えているみたいですが、

私自身も企業だけの問題と捉えず

 

「食料品の余分な買い物を無くし

家庭からでる廃棄物の量を最小限に減らそう!」

 

と気持ちを改め直しました。

 

 

フードロス問題の解決策に

直接繋がらないとしても、

家庭からの廃棄物が減ることによって

 

「処分するコスト(税金)が微力ながらも軽減できる…」

 

また、それ以外のメリットも…

 

私はそう感じています。

 

寺本

 

関連記事:50年後には2.5人に1人が65歳以上!?

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.