ブログ


家族だけで行う遺品整理「処分方法がわからない」

 

 

家族だけで行う遺品整理「処分方法がわからない」

 

この記事でわかること

 

 

 ・各市町村の収集センターが

  収集・持ち込みの出来ない物のまとめ

 

 ・品名別の処分方法

 

 ・家電リサイクル法対象機種

 

 

 

 

遺品整理を経験された方を対象に

「遺品整理で大変だったこと」

についてアンケートをとった統計があります。

断トツの1位が、

 

物が多いでした。

 

皆さんが大きく共感できる結果では

ないでしょうか?

 

次に多かったのが、

 

処分方法がわからないです。

 

そこで、各市町村の収集センターが

収集・持ち込みの出来ない物をまとめてみました。

 

各市町村によって多少の違いは有りますが

概ね同じようです。

 

収集・持ち込みが出来ないゴミ

 

危険なゴミ

 

【医療系廃棄物】

・注射器

・注射針

・治療針

※配布を受けた医療機関に返却

 

【薬品・ガス等】

・ガスボンベ

・消火器

・火薬

・劇薬

・農薬

・廃油

・石油

※処理ができる業者や販売店に引き取り依頼

 

【自動車部品等】

・自動車

・バイク

・バッテリー

・廃タイヤ

・農機具(トラクターなど)

※処理ができる業者や販売店に引き取り依頼

 

【処理が困難な物】

・金庫

・ピアノ

・電動介護ベット

・大型機械

※処理ができる業者や販売店に引き取り依頼

 

・パソコン

※お使いのパソコンメーカーや家電量販店、

取り扱い業者に引き取り依頼

 

【特定家電品】家電リサイクル法対象機種

・テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)

・エアコン

・冷蔵庫 冷凍庫

・洗濯機 衣類乾燥機

※電機商業組合登録の協力店や処分業者へ依頼

引き取りには、リサイクル料と収集運搬料金がかかります。

 

前述の通り、多少の違いがあるものの、

これだけ沢山の種類のゴミは

収集・持ち込みが出来ません。

 

自分たちで業者を探し、依頼が必要です。

 

家族だけで行う遺品整理、

「大変だった…」との回答は納得できますね。

 

遺品整理での処分方法にお悩みの際は、

お気軽にご相談下さい。

 

白石

 

関連記事:40~50代が対象「遺品整理で大変だったこと」アンケート結果

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.