ブログ


免疫力を下げてしまう生活習慣

病気の悪化

 

免疫力を下げてしまう生活習慣

 

細菌、ウィルス、ガンなどの病原体に負けない

強い身体を作るために欠かせない「免疫力」

 

知らず知らずの内にその免疫力を

下げてしまっている行動や習慣があります。

 

原因は1つではありません。

 

複数の要因が重なることで免疫細胞は

どんどん低下してしまいます。

 

 

免疫力低下の原因

 

 

1.加齢

 

免疫力は20歳前後をピークに、40代ではその50%、

70代では10%に落ちていくと言われています。

 

その為、40代を境に様々な病気に掛なりやすく

70歳以上の高齢者ではインフルエンザや肺炎で

命を落とすリスクが高まります。

 

 

2.生活習慣

 

●睡眠不足

 

睡眠の乱れると睡眠に関わるホルモン(メラトニン)が

十分に分泌されなくなります。

 

すると、体に活性酸素が過剰に増加し

活性酸素がガン細胞を増殖させてしまいます。

 

●運動不足

 

パソコンなどのデスクワークが増え、

国民のうち73.9%が運動不足を感じているとの

データーがあります。

 

運動不足は血液やリンパの流れを悪化させ、

免疫細胞の機能低下につながります。

 

●偏食

 

免疫細胞や筋肉の材料となるタンパク質。

 

そのタンパク質の摂取量が年々減少しています。

 

また、活性酸素を無毒化する抗酸化物質や

免疫機能を司る腸内環境を整えるために

欠かせないのが食物繊維。

 

全世代とも食物繊維の目標摂取量を

摂れていません。

 

インスタント食品などでの偏食が

原因だといわれています。

 

●ストレス

 

ストレスは、免疫力を低下させる

大きな原因の1つといわれます。

 

イライラやプレッシャーなどの心理的負担は

ストレスの原因となり、免疫力を低下させます。

 

過度なストレスによるうつ状態になると、

病原体と戦う抗体の分泌が低くなってしまいます。

 

●低体温

 

免疫力が正常に保たれるのは36.5°C程度と言われます。

 

免疫力は体温が1°C低下すると30%低下し、

1°C上昇すると5~6倍になるとも言われています。

 

現代の日本人は低体温傾向にありその要因には

湯船に浸からずシャワーで済ます、

冷たい飲み物を多く摂る、などが挙げられます。

 

運動不足で筋肉量が少なく基礎代謝が低い事も

その1つです。

 

 

免疫力が下がると起こるリスク

 

 

風邪やインフルエンザ、結核やエイズといった感染症、

慢性疲労症候群、糖尿病や心臓病といった生活習慣病、

慢性リンパ性白血病など数々のリスクがあります。

 

また、死亡率の高いガンのリスクも増えます。

 

 

年齢による低下は避けることが出来ません。

 

だけど、原因を減らすためには

生活習慣を見直すことが重要ですね。

 

 

白石

 

関連記事:免疫力UP!ウィルスに負けないご飯を作ろう

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.