ブログ


先祖代々のお墓 どうしますか?

核家族化が進んでる今、

家族の縁はどんどん希薄になり、

ご先祖さまといっても

 

「写真でしか見たことがない」

もしくは

「写真すら見たことがない…」

 

そんなご家庭も増えているのではないでしょうか。

 

 

そういった現状で、

墓守を子や孫に託す事が

難しくなっていると感じます。

 

実際に遺品整理をさせて頂いたお客様からも

 

「自分たちの代で墓じまいをしました」

 

との声をよく聞くようになりました。

 

管理の必要がないキレイなビルの中で

永代供養をしてもらう。

 

館内バリアフリーで、

車椅子ででもお墓参りの心配がない。

 

雨の日・暑い時・寒い時…

気にせずいつでも行ける。

 

管理事務所は館内に有り

分からない事はすぐに聞くことが出来る。

 

 

「これなら子や孫たちでも

お墓参りをしやすいんじゃないか…」

 

そう考えていらっしゃる様です。

 

そして、宗教も代々ではなく

個人で選ぶ事も増え

無宗教の方もたくさんいらっしゃいます。

 

・お墓を持たない

 

・戒名を必要としない

 

・葬儀も家族葬でいい

 

・散骨を希望する

 

などなど、

個人の希望を尊重し叶えてあげる事も

供養の一つだと思います。

 

 

白石

 

 

この記事を読んだ方はコチラの記事もどうぞ

↓ ↓

遺影・お仏壇の処理法

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.