ブログ


ご存じでしたか?「形見分けのタイミング」

形見分けの目安は「四十九日」

 

形見分けのタイミングとして、

「四十九日」の法要を

目安とすることが多いようです。

 

故人が信仰していた宗教が

仏教であった場合には「四十九日」、

神式であれば「三十日祭」「五十日祭」

などが目安となります。

 

 

四十九日(七七日)とは、

仏教の考えかたで

 

「極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日」

のことをいい、

 

故人の次の世が決まる日なので、

故人はもちろんのこと

遺族にとっても大事な日となります。

 

 

忌明けを意味し故人をお悔やみする中で

一つの区切りともされています。

 

このタイミングで形見分けを考えるなら、

遺品整理の前に形見分けの対象となる物を

分類しておくといいでしょう。

 

・故人が生前に大切にされていたお品

・貴重品

・着物

・趣味の物 …

 

対象となる物は様々です。

 

 

故人を思い偲ぶ為の形見分け。

 

親戚や故人の親しい方が集まる

「四十九日」の法要を

目安にしてはいかがでしょうか。

 

 

白石

 

 

宜しければ、こちらの記事も参考にしてください。

↓ ↓

遺品整理10の手順『10倍スムーズ!』

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.