ブログ


きれいになった部屋を2度と「リバウンドさせない」方法

一生懸命、時間と労力をかけて

きれいにしたお部屋が1ヶ月で元通り…

 

そんなの嫌じゃないですか?

 

嫌ですよね。

 

 

でも大丈夫です!

 

今回、あなたにお伝えする内容は

 

ある言葉をやめるだけで、

 

きれいになった部屋を2度と「リバウンドさせない」方法

 

です。

 

その前に、現在あなたのお部屋が

「物で溢れかえって足の踏み場もない」

と仰るのなら、すみません今回の記事ではなく

 

はかどらない遺品整理はコレから片づけよう!

 

↑コチラの記事をぜひ参考にして頂きたいと思います。

遺品整理となっていますが、片づけの根幹を話していますので

きっとお役に立てると思います。

 

(もちろん本文を読み終わった後からでも構いません)

 

 

で、話を戻します。

 

文頭でもお伝えした、

「ある言葉をやめるだけ」で部屋が散らかりません。

 

 

そのある言葉とは、

 

『とりあえず』

 

です。

 

 

拍子抜けされたかもしれませんが、

この『とりあえず』には悪い意味で、

部屋を散らかす絶大な効果があります。

 

たとえば、

 

●とりあえず物を置く…

 

●とりあえず買っておく…

 

●とりあえず捨てないでおく…

 

などです。

 

 

「とりあえず」で対処した物は、

そのままになる確率が非常に高いですし、

 

とりあえず置いた物は、そのままになる事が多く

どんどん散らかっていきます。

 

とりあえず買った物は、

買ったことすら忘れ、

また同じものを買ってしまいます。

 

そして、とりあえず

捨てないでおいたものはどうでしょう。

 

そうです、何年も使わないことの方が

圧倒的に多いですよね。

 

 

こうした小さな積み重ねが物を増やす原因となります。

 

『とりあえず』は、

片付けの決断を後回しにすること

と解釈して頂いても構いません。

 

対策としましては、

 

 

 

1.とりあえず物を置いておく、「とりあえずBOX」を1ヶ所だけに決め、そこ以外には置かない。

「いっぱいになったら片づけるルール」を決めておく。

 

2.すぐに必要じゃない物(在庫数がわからない物)は買わない。

 

3.「捨てるか、捨てないか」で迷ったときは、

「今それを捨てるとスグにでも買わなければいけないか、どうか」で判断する。

 

 

などが考えられます。

 

 

最後に

 

『とりあえず』にしないことが片付け上手であり、

片づいた部屋をリバウンドさせない秘訣でもあります。

 

 

白石

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.