ブログ


そこは使っちゃダメ!メラミンスポンジの正しい使い方

ダメ

 

そこは使っちゃダメ!メラミンスポンジの正しい使い方

 

お掃除でメラミンスポンジを使っている方も
多いんじゃないでしょうか?

 

メラミンスポンジはピンと来なくても
「激落ちくん」ならご存知だと思います。

 

水をつけて汚れをこするだけで
マジックやガラスの汚れ・水垢や茶渋など、
簡単に汚れを落とせて便利ですよね。

 

そんな便利なメラミンスポンジですが、
使ってはいけない場所があります。

 

今回は、メラミンスポンジの
使えない場所と理由をご紹介します。

 

 

メラミンスポンジの原理や素材

 

メラミンスポンジの汚れを取る原理は
従来のスポンジの様に表面で汚れを
吸い取るのではありません。

 

原料となるメラミン樹脂は、

もともと非常に硬く「たわし」や

「やすり」などと同じような研磨材で、
汚れそのものを削り取っているんです。

 

柔らかそうに見えますが、

実は硬くて細かい網目が
集まって作られています。

 

そのため、素材の柔らかい物や
傷が付きやすい物の掃除には向いていません。

 

 

絶対に使ってはいけない場所

 

●人の皮膚

実際に園児の顔をスポンジで擦り
全治1カ月のやけどを負わせた

事件がありました。

 

小さなお子さんがマジックで身体に
落書きしてしまうのはよくある事。

 

研磨剤であるメラミンスポンジで
擦ってしまうと摩擦でやけどのような
傷になってしまいます。

 

 

●歯(ペットも含む)

「激落ちくんで歯のホワイトニングが出来る」と
ネットで嘘の情報が流れたことがありました。

 

研磨剤が歯の表面を削って
歯のエナメル質を傷つけてしまい
虫歯になりやすくなります。

 

絶対に使わないで下さいね。

 

 

●アクリル板

アクリル板は樹脂で出来ています。

 

そのため磨くと表面に

傷がついてしまいます。

 

透明度が高くガラスと間違えやすいので
使用前によく確認して下さい。

 

 

●車のボディ

車に施されたワックスや塗装に傷がつき、
剥がれた部分がサビる危険性があります。

 

塗装し直したり部品を交換には
高額の費用が掛かります。

 

大事な愛車には使わないで下さいね。

 

以上、使ってはいけない場所を
ピックアップしましたが、
便利に使える場所も沢山あります。

 

 

蛇口の水垢、カップについた茶渋。

 

換気扇やガスコンロの油汚れ。

 

冷蔵庫やレンジなど

食品を扱う場所には洗剤がいらない

メラミンスポンジなら安心です。

 

靴のゴム部分の黄ばみや汚れも
全体を濡らすことなく

キレイにできますよ。

 

正しく使って

安全にお掃除して下さいね。

 

 

白石

 

 

関連記事:トイレ掃除の達人になろう!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.