ブログ


夏バテ知らずの身体づくり!原因と対策法

夏バテ

 

夏バテ知らずの身体づくり!原因と対策法

 

そろそろ梅雨明けが発表されそうです。

 

いよいよ夏本番!!

 

気温は30度を軽く超え、うだるような暑さが

やってきますね。

 

暑いと、ついつい冷たいものや喉越しの良いものを

食べてしまいます。

 

そうなると気を付けたいのが夏バテですね。

 

今回は、夏バテの原因とバテない身体をつくる食材を

ご紹介します。

 

 

夏バテの原因と主な症状

 

夏バテとは、医学的な用語ではありません。

 

夏の暑さによる体調不良の総称です。

 

日本の夏は高温多湿。

 

その環境の中で体温を一定に保とうと

自律神経がフル稼働することで疲弊し、

乱れを引き起こすことが原因だと言われています。

 

エアコン等による冷えや、暑い屋外との温度差も

自律神経を乱れやすくし、

 

・疲れがとれない

・食欲がなくなる

・よく眠れない

 

このような症状を引き起こします。

 

夏バテ対策に必要なことは、

 

・水分をしっかり補給する
・ぐっすり眠ってカラダを休める
・軽い運動をして発汗能力を上げる
・栄養バランスの良い食事をとる

・冷たいものを過剰摂取しない

 

こうした事を毎日意識して続けることです。

 

眠りにくい時は、無理せずエアコンを利用したり、

冷たさを感じる素材の寝具も効果がありますよ。

 

また、アイスノンで頭を冷やして寝るのも

お薦めです!

 

 

夏バテに効果がある食材

 

ポイントは、たんぱく質・ビタミン・ミネラル!

 

食欲がないと素麺や、ざる蕎麦など麺類の炭水化物が

多くなり栄養が偏ってしまいます。

 

たんぱく質やビタミンが不足すると、

エネルギー生産が悪くなったり、

筋肉量を中心に体重の減少につながります。

 

たんぱく質を摂るために肉、魚、大豆製品などを

一食毎にどれか一品加え、ビタミンやミネラルを含む

野菜や果物も積極的に取り入れてください。

 

汗をかくと失われるビタミン、ミネラルは

意識して摂るようにしたいですね。

 

疲労回復に効果があるビタミンB群は、

豚肉やレバー・うなぎ・まぐろ・大豆製品に多く含まれます。

 

また、にんにくやネギなどのアリシンを含む食材を

一緒に摂取するとビタミンB1の吸収が良くなりますよ。

 

緑黄色野菜は、カロテン、ビタミン、食物繊維、カリウムなどの

ミネラルが多く含まれています。

 

旬の夏野菜をたっぷり摂りましょう。

 

ニンニクやスパイスを効かせたカレーは、

身体の冷えをなくし免疫力を高めてくれて、

なにより食欲増進に効果的です。

 

酢やレモン、梅干しなどに含まれるクエン酸には

疲労回復効果があるのでお勧め!

 

最近は、火を使わない「レンチン料理」のレシピも

ネットでたくさん紹介されていますよね。

 

便利な物はドンドン活用して、

暑さに負けない身体で夏を乗り切りましょう!

 

白石

 

関連記事:梅雨の時期の頭痛やめまいの原因は?

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.