ブログ


相続放棄をするなら遺品整理をするな

相続の財産には2種類あります。
 

プラスの財産とマイナスの財産

 
 
プラスの財産は相続人にとって
メリットのある財産であるため、
相続放棄をする必要はないと思います。
 
 
反対にマイナスの財産は、
 
・故人が多額の借金をしている‥
・誰かの連帯保証人になっている‥
 
など、相続人にプラス面がない場合は、
相続放棄をするメリットは十分にあると思います。
 
相続放棄をする際は、
家庭裁判所で申請を行います。
 
また、相続放棄にはメリット・デメリット、
そして手続きの流れや注意するべきことなど、
事前に確認すべきことが多々あります。
 
 
専門的な情報はこちらからご確認いただけます。
↓ ↓
 
 
まず、相続放棄をするにあたって
真っ先に注意すべきことがあります。
 
 
それは、
 

「遺品整理や形見分けなど、遺品に一切触れてはいけない」

 
です。
 
少しでも遺品整理を行うと
相続放棄の申請ができません。
 
その理由は、
 
プラスの財産だけを遺族の方で分与させないため
 
です。
 
 
今後、相続放棄をお考えでしたら
遺品には一切手を触れないでください。
 
 
よかったら、こちらの記事も参考にしてください。
↓ ↓
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.