ブログ


消えにくくなった「ホワイトボード」原因と復活法

消えにくくなった「ホワイトボード」原因と復活法

 

ホワイトボード

 

 

繰り返し使っていく内にホワイトボードの文字が

キレイに消えなくなって困った事はありませんか?

 

今回は、その原因と対策をご紹介します。

 

 

ホワイトボードが消えにくくなった原因

 

1.文字を書いたまま長期間放って置いた。

 

長い間放っておくと剥離剤が乾いてしまい、

文字となる成分の顔料とホワイトボードが

完全にくっついてしまった為に消えにくくなった。

 

2.ホワイトボードの劣化

 

ホワイトボード表面に傷ができ、

そこに顔料が入り込んでしまい消えにくくなった。

 

傷に溜まったホコリに、

顔料が染み込んでしまうケースもあります。

 

3.ペンの劣化

 

時間が経つとペンの剥離剤成分が変質し

消えにくくなります。

 

消えにくいと感じたらペンを新しい物と

交換してみて下さい。

 

4.専用ペンを使わなかった

 

ホワイトボードの専用ペンを使っていなかった。

 

水性ペンでも大丈夫と思っている方もいるようです。

 

 

ホワイトボードの復活法

 

1.水拭きしてみる

 

ホワイトボードの表面が汚れて

消えにくくなっていることがあります。

 

水に濡らして固く絞った布で、ホワイトボードを拭く。

 

ホワイトボードの表面が傷つかないように

なるべく柔らかい布を使用して下さい。

 

後は、しっかりと乾拭きしましょう。

 

2.無水エタノールで拭く

 

キレイで柔らかい布に、

無水エタノールを染み込ませて拭きます。

 

間違って油性ペンで書いてしまった時にも使える

便利な裏ワザです。

 

 

以上が、原因と復活法となります。

 

書いた文字は長期間放って置かないこととや、

定期的に水拭きして、表面をキレイにしておく事が

ポイントですね。

 

白石

 

関連記事:網戸掃除を簡単で時短にする3つの裏ワザ

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.