ブログ


大人になってから聞きにくい「基本マナー」靴の揃え方

靴を揃える

 

大人になってから聞きにくい「基本マナー」靴の揃え方

 

訪問先での靴の揃え方のマナー。

 

少し自信がない方も

いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

まず、訪問相手にお尻を見せない事が

基本です。

 

玄関で、正面を向いたまま靴を脱いで上がります。

 

この時、スリッパがあるなら履いて上がって下さい。

 

スリッパをはいた状態で身体を斜めにして

膝をつき靴先を外に向けましょう。

 

大事なのは、真後ろに向いてしまいお尻を見せない事。

 

マナーの由来は、

戦国時代の茶室の作法からと言われています。

 

靴先が家の中に向いているのが「入船」

外に向いているのが「出船」とし、

 

戦国時代は、いざという時すぐに出られるように

履物は「出船」に揃えた事が由来のようです。

 

訪問先でのマナーは玄関から始まっています。

 

正しい作法は、相手への印象にも大きく繋がりますよね。

 

白石

 

関連記事:へぇ~そうなんだ!?雨に因んだ雑学集

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.