ブログ


ウィルスに負けない身体作り!免疫力UPの食品

 

 

ウィルスに負けない身体作り!免疫力UPの食品

 

 

様々なウィルスから身を守る為に必要なのが

免疫力と言われます。

 

では、その免疫力をあげるには

どうすればいいんでしょうか?

 

毎日続けられる食事の中から

免疫力が上がる食品をご紹介します。

 

 

腸内環境を高める食品

 

腸は身体の免疫力の約7割を司っています。

 

なので、腸内環境をよくすることは

免疫力アップにつながります。

 

1 ヨーグルト

 

腸を元気にする代表選手!

 

ヨーグルトは腸内の悪玉菌を減らし、

善玉菌を増やします。

 

オリゴ糖や食物繊維と一緒に摂ると

乳酸菌の餌になり、より効果的。

 

 

2 納豆

 

腸内で善玉菌として働く納豆菌。

 

納豆は食物繊維も豊富なので、

ダブルで効果が!

 

納豆菌によって生成される

抗菌物質ジピコリン酸がウイルスを防ぎます。

 

タレを入れる前にしっかり混ぜ

ネバネバを出すことがポイントです。

 

 

3 キムチ

 

乳酸菌をたっぷり含むキムチは

漬物などの発酵食品の中でも

善玉菌を作り出す働きを多く持っています。

 

ヨーグルトの動物性乳酸菌とは違い

植物性の乳酸菌なので胃で死なずに腸まで届き

腸内環境を浄化、免疫力アップに繋がります。

 

 

内臓温度を上げる食品

 

内臓温度が1℃下がると、

免疫力が30%下がると言われています。

 

内側から温めることが免疫力アップにつながります。

 

1 しょうが

 

内臓温度を上げる代表選手!

 

しょうがの辛味成分であるジンゲロールには

強い殺菌成分があり温めるとショウガオールに変化すします。

 

ショウガオールはお腹まわりの血行を促し、

主に内臓部分の温度を上げてくれます。

 

内臓温度が上がると代謝がよくなり

ダイエットにも繋がり女性には嬉しい効果が。

 

2 にんにく

 

にんにくには、強力な殺菌・解毒作用や血行促進作用があり

免疫細胞であるNK細胞(ナチュラルキラー)も

活性化させます。

 

にんにくに含まれるアリシンという成分には、

疲労回復効果があるため体調を調え

免疫力を高めてくれます。

 

 

いかがでしょうか?

 

どの食品も手軽に買えて

毎日摂り入れやすい物ばかりですね。

 

一過性ではなく続ける事で免疫力を

高めることが出来ます。

 

健康な身体でウィルスから身を守りましょう。

 

 

白石

 

関連記事:免疫力UP!ウィルスに負けないご飯を作ろう

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.