ブログ


花粉症のレーザー手術を受けてみた

スギ花粉

 

アレルギー性鼻炎と花粉症のレーザー手術

 

鼻の粘膜をレーザーで焼いて

アレルギー反応が起こりにくく

させる手術をしてきました。

 

 

こんにちは、花粉症歴25年の寺本です。

 

5年くらい前から気になっていた

「アレルギー性鼻炎と花粉症のレーザー手術」

 

毎年、行くタイミングを逃していて

今年、やっと受けることができました。

 

気になっている方もいらっしゃるのではないか

と思いまして、レビューを書いてみます。

 

いろんな面で個人差がありますので

参考になるかどうか分かりませんが、

私の率直な意見をお伝えします。

 

 

 

術後から効果が出るまでの期間

花粉症や鼻炎に効くと言われている

『レーザー手術』

 

効果が出るまで、1ヶ月と言われています。

 

よって、今この記事を書いている現時点では、

1ヶ月経っていないため、まだわかりません。

 

私の場合、3月中旬で術後から

1ヶ月経ちますので

またその辺りで、

再度レビューをアップします。

 

 

 

初診

初診では、問診と採血のみです。

 

(当日の手術は無理でした)

 

帰りに手術の予約を取って終わりです。

 

特に手術までにやってはいけないことは

ありませんでした。

 

 

 

手術当日

手術室に案内されるのかと思いきや

前回と同じ診察室で行われました。

 

鼻の穴に麻酔が染み込んだガーゼを

「これでもか!!」というくらいに

ブッ込まれます。

 

かなり、のけ反りました(笑)

 

 

麻酔を入れられると

一旦、待合室に出されます。

 

麻酔が口に入ってきてゴーヤ並みに苦いです。

(徐々に上アゴが痺れてきます)

 

 

待つこと15分。

 

名前を呼ばれて診察室に。

 

「あ~~、ガーゼが取れる~」

(喜びの声)

 

先生がピンセットでガーゼを鼻の穴から

ゆっくりと取り出します。

 

「あ~~~スッキリ」

 

と喜んでいる間もなく、

 

「ではもう一度、麻酔のガーゼを入れますね」

 

と、言われ

 

また鼻の穴にゴイゴイ

ガーゼを突っ込まれました。(笑)

 

 

再度、待合室へ。

 

待つこと15分。

 

もう歯と歯茎が痺れています。

 

 

 

いざ、手術!!

 

このような器具が鼻の奥まで入ってきます。

 

麻酔が効いているので、痛くはありませんが

とにかく、焦げ臭いです。

 

鼻の粘膜を焼いているので、

仕方のなのですが、

皮膚の一部を焼かれている事態

あまり気持ちのいいモノではありません。

 

たなべ耳鼻咽喉科HPから抜粋:https://www.tanabe-orl.jp/topics/detail/id=143

 

下鼻甲介粘膜というところを焼くそうです。

(図参照)

 

手術は約30分程度で終わりました。

 

痛みは、ほとんどありませんが

焼き終わったあとは、

何とも言えない違和感があります。

 

 

 

手術費用

今回、赤穂市民病院の耳鼻科に

お世話になりました。

 

手術費用は9,000円ほどです。

 

一応、鼻炎の薬も出ます。

 

薬代を入れても、

1万1,000円程度です。

 

これで、辛い花粉症が治れば

私は安いと思います。

 

 

 

術後の翌日

麻酔が切れて痛みは少しありました。

 

プールで思いっきり鼻の中に水が入った感じの

ツーンとした痛みです。

 

でも、痛み止めを飲むほどでもありません。

 

鼻を噛むと少し、血が混じっています。

(なぜか鼻水やくしゃみがよく出ますw )

 

 

 

一週間後

鼻水がよく出ます。

 

鼻を勢いよくかむと

何回かに1回、カサブタが

ゴソッと取れます。

 

カサブタが剥がれると

鼻の通りが今までに味わったことの無いくらい

スース―して気持ちいいです!

 

 

今回、受けたレーザー手術ですが、

人によって、効果が無い方もいます。

 

基本的に、「2年の効果」と言われていますが

5年くらい効果がある人もいるみたいです。

 

また、その辺もブログ記事として

追々書いていきます。^^

 

 

寺本

 

関連記事:花粉症レーザー手術を受けて2ヶ月「その効果は…」

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.