ブログ


シャワーだけじゃもったいない!入浴で得られる5つの健康効果

 

 

シャワーだけじゃもったいない!入浴で得られる5つの健康効果

 

毎日の疲れを癒してくれるお風呂タイム。

 

日本は諸外国と比べ、浴槽にお湯を入れ

入浴する文化が根強く残っています。

 

でも、お風呂に入るのは

「温かくて気持ちがいいから」

だけではありません。

 

健康状態を守ってくれる

5つの健康作用があるんです。

 

今回は、入浴することで

健康にどう繋がるのかをご紹介します。

 

 

入浴で得られる5つの健康効果

 

 

1 温熱作用がある

 

温かいお風呂に浸かることで血液が温められ

それにより血管が広がり巡りが良くなります。

 

血液が巡る事で全身にで酸素や栄養分が運ばれ、

老廃物や二酸化炭素は排出されます。

 

つまりお風呂に浸かって温まることで、

疲れが取れ、新陳代謝が活発になる

効果が得られるんです。

 

また、肩こりなどの筋肉や関節の痛みの緩和、

免疫機能の向上にも効果があると報告されています。

 

 

2 清浄作用がある

 

皮膚を程よくきれいにする

清浄作用があります。

 

お湯にゆっくり浸かるだけで毛穴が開き

ゴシゴシと擦らなくても、

汚れは十分に落とすことができます。

 

シャワーでは時間が短く

毛穴が開くまでには至りません。

 

 

3 粘性・抵抗性がある

 

水には粘り気があり、水中では空気中のように

早く動けませんよね。

 

これは水の粘性・抵抗性によるモノです。

 

なので、水中での運動は自分が力を入れた分だけ

水からも力を受ける事となり、

 

室内で行う筋トレより負荷が少なく

手軽にすることが出来るんです。

 

湯船の中で手足をブラブラさせるだけで

むくみを軽減出来ますよ。

 

 

4 水圧がある

 

湯船の中では、体に水圧がかかります。

 

水中でウエストを測ると、

空気中に比べ数センチ縮みます。

 

これは、水圧によって

体が締め付けられているから。

 

水圧での締め付けにより

足に溜まった血液が心臓に押し戻され

血液の循環も良くしてくれます。

 

 

5 浮力がある

 

鉄の船が海で浮かぶのが

浮力によるものなのはご存じですよね。

 

湯船の中でも同じ状態となります。

 

例えば、

体重が60㎏の人が肩まで湯船に浸かっている時

浮力によって10分の1の6㎏になります。

 

そのため、湯船に浸かっている間は

体が軽くなり負荷が掛からず

リラックスすることが出来るんですね。

 

 

以上が5つの健康作用となります。

 

疲れて面倒な時はついつい

「シャワーでいいかぁ」

と、なりますが

 

疲れている時こそ湯船に浸かり

身体の芯から温めて下さいね。

 

 

白石

 

関連記事:寝る前にアレを食べると睡眠の質が40%もアップ!?

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.