ブログ


もう始めなきゃ!!正しい紫外線予防

太陽

 

もう始めなきゃ!!正しい紫外線予防

 

夏の太陽の下で小麦色に焼けた肌。

 

なんだか健康的に見えますよね。

 

肌が焼ける原因は紫外線です。

 

紫外線から受ける影響は実は健康の真逆!

 

健康被害をもたらす有害な物質なんです。

 

 

紫外線ってなに?

 

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、

波長が短くエネルギー の高い光のことです。

 

表記などでよく見るUVとは、紫外線を英語で言った

ultravioletの略です。

 

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があり

そのうちA、Bが地球に届いています。

 

UVAは、肌の奥深く真皮まで届き肌の弾力の低下や、

しわ、たるみなど、皮膚の老化を促進します。

 

UVBは、皮膚の表面で吸収され、

短時間で皮膚に炎症(赤み、腫れ、水疱など)

を起こさせます。

 

炎症の後、皮膚のメラニン色素が増加して

肌を黒くさせます。

 

皮膚がんの原因にもなり、眼にも有害です。

 

 

紫外線の間違いあるある

 

よくある紫外線についての間違いです。

 

うっかり日焼けにならない様に

気をつけましょう。

 

 

1.曇りの日は日焼けしない → ✖

 

薄い雲の場では紫外線の80%以上が通過し、

UVA波の量もほとんど変わりません。

 

2.家の中では日焼けしない → ✖

 

家の中にいても、紫外線は窓ガラスを通過して部

屋の中に 入ってきます。

 

窓際にいると日焼けします。

 

3.水の中は日焼けしない → ✖

 

水が防いでくれる紫外線はごく僅か。

反対に水面の反射は、浴びる紫外線の量を

増やしてしまいます。

 

4.日焼け止めは1日1回塗ればいい → ✖

 

汗で流れてしまったり擦れたり、

知らないうちに取れてしまっています。

 

2~3時間おきに塗り直しましょう。

 

5.真夏だけ気を付ければいい → ✖

 

紫外線は5月から9月頃にかけて量が多く

5月で、すでに真夏と同じくらいの

紫外線対策が必要です。

 

 

紫外線予防には何をすればいいの?

 

1.紫外線が強い時間帯を把握する

 

朝10時から夕方4時頃までが

1日の内で紫外線が強い時間帯です。

 

2.日傘や帽子で防ぐ

 

頭皮も日焼けし、髪にもダメージを与えます。

 

直接の紫外線に日傘や帽子は有効です。

 

3.サングラスをかける

 

眼が紫外線を浴びることで

角膜炎や白内障などの原因に繋がります。

 

サング ラスや紫外線カットメガネを使うと、

9割方カットすることが出来ます。

 

眼をしっかりカバーできるサイズの物を

選んで下さい。

 

 

太陽の日差しは、とても大事ですが

人体にとっては有害な物になってしまいます。

 

しっかり予防して、今からの季節を

楽しみたいですね。

 

白石

 

関連記事:そのうがいNGです!いきなりガラガラしていませんか?

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.