ブログ


備前焼 人気作家「森 陶岳」

 

備前焼 人気作家「森 陶岳」

 

森陶岳

森 陶岳(もり とうがく)

 

本名 森 才蔵

 

1937年 岡山県備前郡伊部に生まれる。

父は窯元六姓家の森秀次。

 

1962年 25歳で陶芸活動を始める。

 

1963年 第10回日本伝統工芸展に初入選。

 

1969年 日本陶磁協会賞を受賞する。

 

1980年 兵庫県相生市内の山中に半地下直炎式登り窯を築き

焼成、大甕・大壷を完成、評価を確立する。

 

1996年 岡山県重要文化財保持者に認定。

 

 

作品の特徴

 

古備前再現を目指した、大甕の作陶で知られる。

 

昭和55年に、全長50㍍の室町様式の大窯で、

55日間窯を焚き続け、世間を驚かせたスケールの大きな陶芸家。

 

造形焼成とも本格的な厳しさのある作品は定評があり

将来を大きく期待されました。

 

篠文壺

篠文壺

 

陶岳 徳利

備前徳利

 

木箱 印銘

共箱 印銘


森陶岳陶印
陶印

 

ネットオークション相場価格

 

 

ヤフーオークションでの相場

平均価格:11,945円

 

最高価格は65,001円

 

人間国宝には認定されていませんが、

備前焼の人気作家の1人です。

 

 

関連記事:備前焼の歴史と人間国宝

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.