ブログ


人気ブランド食器 バカラの魅力

 

人気ブランド食器 バカラの魅力

 

 

グラス

 

 

グラス

 

 

ロゴ

クリスタルブランド・バカラ

 

1764年にフランスのロレーヌ地方にあるバカラ村で誕生。

 

国王である、ルイ15世によってガラス工場の設立が認可され

バカラ村にガラス工場が作られました。

 

1816年 クリスタルグラスが製造。

 

1825年  代表的な「アルクール」はアルクール侯爵のために作られ

深いフラットカットが特徴。

 

アルクール

 

これを皮切りに、様々なシリーズが生まれます。

 

1855年・1867年・1878年のパリ万博ではグランプリを受賞。

ブランド効果が高まる。

 

バカラは世界中の王室、皇室で愛用され、

1921年には、当時皇太子であった昭和天皇が、

パリのバカラショップを訪れています。

 

 

バカラの特徴

 

バカラで使用されている素材は、「フルレッドクリスタル」

 

化鉛の含有率が30%以上、密度が3.00g/cm3 以上のものを指し、

特徴としては、その透明度のほかに、

重厚感や弾いた時の澄んだ音が上げられます。

 

 

1931年に登場したローハンシリーズは、

フランス北西部にある町ローハンが由来。

 

アシッドエッチングで描かれた蔓草模様が特徴です。

 

ローハン

 

年代によってエッチングの太さや深さが違い、

新しいものはエッチングが薄くなっています。

 

全てのシリーズにおいて、グラスの細部の造形美が

バカラの特徴と言えます。

 

また、レベルの高い職人であっても、全ての製品を

完璧に仕上げることは難しいと言われているバカラ。

 

厳しいチェックを通った製品のみが流通しているバカラは

アウトレット品や2級品はありえないのです。

 

グラス以外の小物も、繊細で美しいカットが施され

女性から長く愛されています。

 

 

クローバー

 

バカラのネットオークションでの相場価格

 

平均で24,428円となっています。

 

 

関連記事:骨董・焼物の魅力 「古伊万里」

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.