ブログ


飲むとカラダを壊す、危険なサプリがコレ!

前回の記事

お金をドブに捨てながら、寿命を縮めているサプリがコレ!

の続きになります。

 

飲むとカラダを壊す、危険なサプリがコレ!

 

ビタミンA

 

前回の記事と重複しますが、

 

現代のサプリや健康食品には

大きな問題が2つあります。

 

1つは、医薬品よりも規制が甘いです。

 

規制が甘いということは、

「効果の無い商品が高額で出回りやすい」

と言われています。

 

 

2つ目は、医薬品よりも研究データが少ないです。

 

長期的な危険性については、

医者ですらわからないということです。

 

ということで、飲むとカラダを壊す

危険なサプリをご紹介しています。

 

 

まずはビタミン系からのご紹介です。

 

現在、ビタミンサプリで

評価の良くないものは以下の5つです。

 

・マルチビタミン

・ビタミンA

・ビタミンC

・ビタミンE

・ビタミンB郡

 

そして、本記事ではビタミンAのお話をします。

 

マルチビタミンの危険性について知りたい方は、

お金をドブに捨てながら、寿命を縮めているサプリがコレ!

コチラの記事をどうぞ。

 

 

ビタミンAのサプリメント

 

ビタミンAは、健康な肌を維持するために必要だったり

粘膜を強くし、細菌から身を守るためなど、

私たちの体にはなくてはならない大切な成分です。

 

ただ、

「ビタミンAのサプリメントは買ってはいけない」

と専門家は言います。

 

その理由がこちら

 

 

アメリカのノースカロライナ大学による研究によると、

 

50〜76才の男女7万7千人を対象に調べたもので

10年に渡って全員の生活を調査したところ、

ビタミンAの摂取量が多い人ほど、

肺癌にかかる確率が増えていたそうです。

 

これは、喫煙者よりも肺癌になる確率が

高いと言われています。

 

 

また、2012年にコクラン共同計画が行った

約24万人を対象にした結果が、

 

ビタミンAを飲むと3〜10%早期死亡率が上がる

 

というものでした。

 

ビタミンAのサプリメントを飲用するのでしたら

少量ならいいと思いますが、

大量に摂取するのは避けたほうがいいです。

 

ビタミンAは脂でしか溶けないため

体にドンドン蓄積されやすいと言われています。

 

ドンドン蓄積されると肝臓に負担がかかります。

 

肝臓は毒素を処理する役割があるので

この臓器がやられると早期死亡率に繋がるのも

納得できます。

 

 

ビタミンAは、できる限りレバーや人参などの

食物から摂ることをお勧めします。

 

 

寺本

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.