ブログ


大人になってから聞きにくい「基本マナー」お箸の使い方

箸

 

大人になってから聞きにくい「基本マナー」お箸の使い方

 

会食などの場面で、

気を付けたいのがお箸の使い方です。

 

今回は、和食のマナーでNGなお箸の使い方を

ご紹介します。

 

●刺し箸

料理に箸を刺して取る

 

●寄せ箸

食器を箸で引き寄せる

 

●ねぶり箸

箸に付いた料理を口でねぶり取る

 

●迷い箸

どれを食べようかと箸え料理の上を迷わせる

 

●移り箸

一度取りかけて、他の料理に箸を移す

 

●こじ箸

盛りつけてある料理を箸で探って、好きなものを取り出す

 

●空箸

一度箸を付けた料理を、そのまま取らずに箸を置く

 

●指し箸

箸の先で人のことを指す

 

●握り箸

箸をぎゅっと握って持つこと

 

●箸渡し

箸同士で料理のやりとりをする

 

●かみ箸

箸先をかむ

 

●かき箸

器に口を付けてかき込む

 

これらを総称して「嫌い箸」とも言われ、

人に不快感を与えるマナー違反なお箸の使い方です。

 

最近は、外国人もキレイにお箸を使いこなす方が

増えています。

 

作法を大切にする文化の日本に生れたのだから

美しい所作で、お箸を使いたいですね。

 

白石

 

関連記事:大人になってから聞きにくい「基本マナー」靴の揃え方

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.