ブログ


大人になってから聞きにくい「基本マナー」手土産

手土産

 

大人になってから聞きにくい「基本マナー」手土産

 

プライベートやビジネスでの訪問時、

手土産を持参する事がありますよね。

 

いつ渡せばいいんだろう?渡し方は?と

困った事はないでしょうか?

 

今回は、手土産の渡し方の基本マナーを

ご紹介します。

 

 

手土産は相手への感謝の気持ち

 

手土産とは、個人宅や会社などを訪問する際に、

自分の気持ちを込めて相手に手渡す品物のことをいいます。

 

「自分のために時間を作ってくださり感謝します。」

 

「お招きくださり、ありがとうざいます。」

 

そんな気持ちの表れとして持参するお品なので

気持ち良く受け取っていただく事も大切ですね。

 

 

手土産を渡す場所

 

手土産を玄関先で渡すのは基本的にNGです。

 

部屋の中に通していただき、

一通り挨拶をキチンと済ませた後に渡すのがマナーです。

 

ただし、生花などの水気のある物や、

アイスクリームや生鮮食品など早く冷やす必要がある物は

一言添えて靴を脱ぐ前にお渡ししましょう。

 

 

手土産の渡し方

 

手提げ袋や風呂敷は持ち運びの時の

「ホコリよけ」の意味があり、そのまま渡すのは失礼です。

 

紙袋から出して両手で正面に向けて渡します。

 

机の上で渡すのはマナー違反になるので

直接お相手と向き合って両手で手渡しします。

 

紙袋や風呂敷は持ち帰りましょう。

 

ただし、外出中に会った相手に手土産を渡す場合は、

紙袋から出して品物だけを渡してしまうと、

持って帰るのに困ってしまいますよね。

 

「本来であれば袋から出してお渡しするのですが、

袋に入れたまま失礼します」と言葉を添えて渡します。

 

 

渡す時に添える言葉

 

謙遜の意味で使う「つまらないものですが…」

 

心を込めて選んだ物なので、

 

「ほんの気持ちですが」

 

「お口に合うと嬉しいのですが」など

 

気持ちを伝えた方が印象良く受け取って貰えます。

 

 

良好な人間関係を築けるきっかけにもなる手土産。

 

スマートなマナーで気持ちをお渡しして下さいね。

 

白石

 

関連記事:大人になってから聞きにくい「基本マナー」靴の揃え方

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.