ブログ


遺産相続に必要な手続き

 

身体も精神も癒される間もなく

葬儀が終わってからも、

やらないとけない事はたくさんあります。

 

その中の1つに

『遺産相続の手続き』があります。

 

本記事では、遺産相続に必要な手続きを

わかりやすいように箇条書きで表しました。

 

文章はできるだけ端折っています。

 

参考程度にご覧ください。

 

 

※より詳しい内容及び遺産相続に関するご相談は、

専門家にお尋ね頂ければと思います。

 

 

【本記事でわかること】

 

 

・遺産相続に必要な手続き

 

・葬儀が終わってからの各種手続き

 

・まとめ(本記事のポイントは3つ)

 

 

 

遺産相続に必要な手続き

 

 ご逝去から  手続きの概要
なるべく早めに

遺言書の調査・検認

健康保険証の返却
相続人の確定
遺産分割協議の開始

故人の財産調査

早めに 遺産分割協議書の作成 
不動産の名義変更登記 
7日以内

死亡診断書の取得

死亡届の提出

死体埋葬火葬許可証の取得

10〜14日以内

年金受給停止の手続き
年金受給権者死亡届の提出

世帯主の変更届

住民票の抹消届・住民票の除票申請
国民健康保険証の返却
・介護保険の資格喪失届

3ヶ月以内 相続放棄または限定承認
相続の承認又は放棄の期間の伸長 
4ヶ月以内 故人の所得税の確定申告(準確定申告)
10ヶ月以内 相続税の申告
1年以内 遺留分減殺請求 
2年以内

・葬祭費
・埋葬料の請求

・生命保険金の請求
・高額医療費の請求

5年以内 ・遺族年金の受給申請
相続税の税務調査

 

※上記、概要欄の太文字は

専門知識が必要なため、

専門家にご依頼されることをお勧めします。

 

 

葬儀が終わってからの各種手続き

 

葬儀が終わってからの各種手続きは

1番から順に行うとスムーズです。

 

 

1:年金受給権者死亡届の提出

 

2:国民健康保険証

 

3:介護保険証の返却

 

4:世帯主の変更届の提出(2週間以内)

 

5:電気・ガス・水道などの公共料金の名義変更

 

 

また、葬儀に関する費用は

相続財産から控除できます。

 

通夜や葬儀にかかった費用、

香典などの金額は必ず控えておきましょう。

 

 

以上の手続きが終わると、

相続関係の手続きが始まります。

 

最優先で遺言書の有無及び財産の確認を行います。

 

多額の負債(借金)などが

あった場合は相続放棄できます。

 

相続放棄できる期限は

相続発生から3カ月以内です。

 

相続放棄については

こちらの記事をご覧ください。

 

 

まとめ

 

今回のポイントは3つです。

 

 

ポイント1:遺産相続に必要な手続きは期限の早いものから済ませる。

 

ポイント2:専門知識が必要な申請書は専門家に依頼する。

 

ポイント3:最優先で遺言書の有無及び財産の確認を行い

      多額の負債(借金)などがあった場合は

      3ヶ月以内に相続放棄する。

 

 

 

以上、参考になって頂ければ嬉しいです。

 

最後までご覧頂き

ありがとうございました。

 

 

寺本

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 遺品整理 くらのすけ. All rights Reserved.